人生にゲームをプラスするメディア

トーセ、第1四半期業績発表 Wii U向けタイトルが難航し苦戦

ゲームビジネス 市場

トーセが発表した平成25年8月期第1四半期の業績は売上高10億7000万円(前年同期比+25.3%)、営業損失600万円(-)、経常利益2400万円(▲69.0%)、純損失300万円(-)と大幅に増収ながら赤字転落となりました。

ゲーム開発事業では家庭用向けに3タイトルを開発完了。売上高は6億7700万円となりましたが、Wii Uの発売に合わせて投入されたタイトルやクリスマス商戦向けに投入されたタイトルの開発が予想以上に難航し、一部に不採算タイトルがあったことから営業損失は1800万円となりました。

モバイル開発事業では延期タイトルもあったものの、ほぼ計画通りに9タイトルをリリースし、売上高は3億4000万円、営業利益が2900万円でした。

その他の事業は子会社のフォネックス・コミュニケーションズで展開する「ニンテンドーゾーン」などが中心ですが、受注が低調で売上高は開発と運営を合わせて3400万円。Wii向け家庭用カラオケ楽曲配信事業は1600万円のロイヤリティ売上があったとのこと。営業損失は1700万円でした。

通期の業績予想は売上高52億4600万円、営業利益3億0100万円、経常利益3億1800万円、純利益1億8000万円を据え置きました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR空間でプラモ作りを楽しもう! 『Monzo VR』12月12日リリース

    VR空間でプラモ作りを楽しもう! 『Monzo VR』12月12日リリース

  2. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  3. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

    【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  4. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  5. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  6. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  7. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  8. 【特集】前田尚紀×山岡晃×DJ “KSUKE”鼎談―日本のゲーム音楽とダンスミュージックを牽引するクリエイターが語る

  9. 【レポート】さらに進化した『サマーレッスン』をプレイ!ヤバさがかなり増しています。情報量が凄いです。彼女は本当に、そこにいました。

  10. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top