人生にゲームをプラスするメディア

ソーシャルゲーム市場、成長鈍化するも2013年度には4000億円台を突破 ― 矢野経済研調べ

ソーシャル・オンラインゲーム ソーシャルゲーム

日本国内におけるソーシャルゲーム市場規模推移と予測
  • 日本国内におけるソーシャルゲーム市場規模推移と予測
  • ソーシャルゲームとオンラインゲーム・コンシューマゲームとの違い
 矢野経済研究所は10日、国内ソーシャルゲーム市場に関する調査結果を発表した。調査期間は2012年11月~12月で、国内SNS事業者、ソーシャルアプリプロバイダ、ゲームパブリッシャー・ディベロッパー、オンラインゲーム事業者等が対象。

 それによると、2012年度の国内ソーシャルゲーム市場は、前年度比137%の3,870億円だった。また成長率は鈍化するものの、今後も拡大基調が予測されており、2013年度は同110%の4,256億円となる見込み。

 今後、国内ソーシャルゲームユーザーの主要端末はスマートフォンに移行することが考えられ、大手SNS事業者がスマートフォン対応を積極化させている。海外展開も本格化しており、さらなる市場の拡大が予想される。一方で、厳しい市場環境が想定されるため、ゲームタイトルにおけるマネタイズの成否が今後の市場発展の大きな焦点となると、同社では考察している。

 なお同市場規模は、日本国内のユーザーがソーシャルゲームの利用対価として支払った金額の合計であり、広告収入は含まないものとなっている。

ソーシャルゲーム市場、成長鈍化するも2013年度には4000億円台を突破……矢野経済研調べ

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. OBT中の『ツリーオブセイヴァー』アクセス障害の対応策で新サーバー設置

    OBT中の『ツリーオブセイヴァー』アクセス障害の対応策で新サーバー設置

  2. MMORPG『ツリーオブセイヴァー』OBT開始 ― ゲーム内に繋がりにくい状況続く

  3. PCゲーム業界のパイオニアであるValveが設立20周年!初代『Half-Life』開発資料が発掘

  4. MMO『ツリーオブセイヴァー』明日からOβT開始! チーム名&キャラクター作成が可能な事前公開をいち早く実施

  5. このブーム、何事!?まだ間に合う『刀剣乱舞-ONLINE-』講座…その魅力を徹底解説

  6. 話題の『ヤンデレシミュレーター』をやってみた…物理的にライバルを排除する恋愛ACT

  7. 【レポート】話題のMMO『ツリー・オブ・セイヴァー』を先行プレイ!ROの良さを残しつつ今風にアレンジ。システムは個性に重点を置く

  8. MMO『ツリーオブセイヴァー』OBTは8月24日から! 7次職など新たな追加要素も公開

アクセスランキングをもっと見る

page top