人生にゲームをプラスするメディア

「Nintendo Power」の精神を受け継ぐ「Nintendo Force」1月に創刊、海外で大きな反響呼ぶ

任天堂 その他

Nintendo Force
  • Nintendo Force
  • 創刊に携わったメンバー
24年に渡って、任天堂のゲーム情報を伝えてきた公認雑誌「Nintendo Power」が12月11日号の発売をもって休刊となりました。惜しむ声がやまぬなか、その精神を受け継ぐあらたな雑誌「Nintendo Force」が1月に創刊されることが発表され、反響を呼んでいます。

今回公開されたホームページには、「Nintendo Force」創刊までの経緯が公開されています。あくまで、「Nintendo Power」の雑誌そのものは12月をもって終了になりますが、その魂と精神を受け継いだ、新たな雑誌になるとのこと。

今回同誌の創刊に尽力したのが、自身も「Nintendo」 Powerの愛読者だったというIGNのLucas M.Thomas氏。 Nintendo Powerが8月に休刊すると発表した直後に、多くの任天堂のゲームジャーナリストに「Nintendo Powerを終わらせない!」と題したメールを送信。「Nintendo World Report」や「1UP」「GO Nintendo」といったサイトの編集社らがそれに呼応し、いずれも一線で活躍する優秀なメンバーが名を連ねています。誌面の体裁はNintendo Powerのそれを受け継ぎながらも、伝説となった同誌を超えるように魅力的なものにしていく予定だということです。

なお、雑誌の発行については紙媒体とデジタルの両方で行うとのこと。TwitterやFacebookには12月22日の発表以降、大きな反響があり、非常に注目を集めています。「Nintendo Powerはもう終わってしまったが、その精神はNintendo Forceに息づいている」ということで、どのような内容になるのかも楽しみなところです。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  2. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

    ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  3. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

    スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  4. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  5. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

  6. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  7. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

  8. スイッチ『いっしょにチョキッと スニッパーズ』はロンチソフトに、公式サイトがオープン

  9. あの『超惑星戦記メタファイト』が復活!インティ・クリエイツ新作『ブラスターマスターゼロ』2017年春発売

  10. 2月25日・26日に大阪でニンテンドースイッチ体験会が開催、『ゼルダの伝説 BotW』『1-2-Switch』が体験可能

アクセスランキングをもっと見る