最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
マーベラスAQL、『煉獄のクルセイド』『地獄の軍団』など開発のエンタースフィアを子会社化

マーベラスAQL、『煉獄のクルセイド』『地獄の軍団』など開発のエンタースフィアを子会社化

2012年12月21日(金) 19時38分

マーベラスAQLは、ソーシャルゲームなどを開発するエンタースフィアを買収すると発表しました。

エンタースフィアは『煉獄のクルセイド』、『カードファイト!!ヴァンガード』、『EVANGELION~めぐりあう絆~』、『CITY HUNTER 100万人のスイーパー』といったソーシャルゲームをGREEプラットフォーム向けに提供。PSVitaでもスクウェア・エニックスからロンチタイトルとしてリリースされた『地獄の軍団』の開発を担当しました。

同社の株式は代表の岡本基氏が81.8%、グリーが18.9%を所有。マーベラスAQLはうち52.7%を取得し、連結子会社します。岡本氏が保有する株式を取得する形になるようです。

エンタースフィアの業績は平成24年4月期で売上高3億5171万円、営業利益501万円、経常利益287万円、純利益189万円、平成23年4月期では売上高2億4724万円、営業利益656万円、経常利益614万円、純利益350万円でした。

マーベラスAQLではエンタースフィアについて、優秀な技術者を多数擁しており、子会社化することでゲーム開発体制の強化、特にオンライン事業の事業価値増大を図れるとしています。

(Article written by 土本学)

ゲームビジネスアクセスランキング