人生にゲームをプラスするメディア

TSUTAYA、2012年ゲーム売上ランキング発表 ― 総合1位は『ポケットモンスター ブラック2』

ゲームビジネス 流通

 『ポケットモンスター ブラック2』パッケージ
  •  『ポケットモンスター ブラック2』パッケージ
  •  『ポケットモンスター ホワイト2』パッケージ
  • 『とびだせ どうぶつの森』パッケージ
  • 『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』 パッケージ
  • 『BIOHAZARD 6』パッケージ
  • 『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』
  •  『第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇』パッケージ
TSUTAYAカンパニーは、2012年ゲームソフト部門の年間ランキングを発表しました。

毎年年末に発表されるTSUTAYAゲームランキング、全国のTSUTAYAで売れたゲームソフト販売本数を集計し、まとめたというもの。12月8日に任天堂の新ゲーム機Wii Uが発売されましたが、発売から1ヶ月経っていないため、今回はランキングに含まれておらず、集計期間は2012年1月1日~12月2日までのものとなっています。

各プラットフォームの年間1位は、Wiiが『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』(スクウェア・エニックス)、3DSが『とびだせ どうぶつの森』(任天堂)、DSが『ポケットモンスター ブラック2』(株式会社ポケモン)、PS3が『BIOHAZARD 6』(カプコン)、PS Vitaが『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』(アトラス)、PSPが『第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇』(バンダイナムコゲームス)という結果になりました。

■ゲームソフト総合ランキング 年間ベスト20
1位 ポケットモンスター ブラック2
2位 とびだせ どうぶつの森
3位 BIOHAZARD 6
4位 ポケットモンスター ホワイト2
5位 ワンピース 海賊無双
6位 ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D
7位 New スーパーマリオブラザーズ 2
8位 ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
9位 ドラゴンズドグマ
10位 ワールドサッカー ウイニングイレブン2013
11位 バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ
12位 テイルズ オブ エクシリア2
13位 ファイアーエムブレム 覚醒
14位 モンスターハンター3(トライ)G
15位 第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇
16位 マリオカート7
17位 マリオパーティ9
18位 キングダム ハーツ3D [ドリーム ドロップ ディスタンス]
19位 SDガンダム ジージェネレーション オーバーワールド
20位 スーパーマリオ3Dランド

1年を振り返ってみると、2012年は後半にヒット作が集中した傾向ですが、前半に発売されたタイトルも健闘。TSUTAYAでは『キングダム ハーツ3D [ドリーム ドロップ ディスタンス]』『ファイアーエムブレム 覚醒』『第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇』『マリオパーティ9』『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』『ドラゴンズドグマ』などが多く売れたようです。

■Wii
1位 ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンラインWiii USBメモリー同梱版
2位 マリオパーティ9
3位 星のカービィ 20周年スペシャルコレクション
4位 JUST DANCE Wii2
5位 JUST DANCE Wii
6位 ゴーバケーション
7位 星のカービィWii
8位 マリオカートWii
9位 いただきストリートWii
10位 太鼓の達人Wii 決定版

Wiiは後継機であるWii Uの準備期間だったこともあり、この1年で発売された新作ソフトは数本程度。しかし『ドラクエX』や『マリオパーティ9』など、待望の続編がWiiだけで発売されたこともあって、何とかつないだという1年でした。新作以外では昨年末に発売されたタイトルが多くランクインした結果となりました。

■ニンテンドー3DS
1位 とびだせ どうぶつの森
2位 ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D
3位 New スーパーマリオブラザーズ2
4位 ファイアーエムブレム 覚醒
5位 モンスターハンター3(トライ)G
6位 マリオカート7
7位 キングダム ハーツ3D [ドリーム ドロップ ディスタンス]
8位 スーパーマリオ3Dランド
9位 ブレイブリーデフォルト
10位 バイオハザード リべレーションズ

3DSは先月発売されたばかりにも関わらず『とびだせ どうぶつの森』を中心に、『ドラゴンクエストモンスターズ3D』『New スーパーマリオ2』など、3DS本体を持っているならどれも一度はプレイしておきたいタイトルばかり揃っています。

■ニンテンドーDS
1位 ポケットモンスター ブラック2
2位 ポケットモンスター ホワイト2
3位 ポケモンプラスノブナガの野望
4位 ワンピース ギガントバトル!2 新世界
5位 とんがりボウシとおしゃれな魔法使い
6位 アルティメットヒッツ ドラゴンクエストVI 幻の大地
7位 オール仮面ライダー ライダージェネレーション2
8位 New スーパーマリオブラザーズ
9位 ポケットモンスター ブラック
10位 アルティメットヒッツ ドラゴンクエストV 天空の花嫁

3DSが発売させ1年が経ち、世代交代が進んでいるDSですが、『ポケットモンスター』シリーズ以外では『ワンピース』『とんがりボウシ』『オール仮面ライダー2』が上位にランクイン。テレビドラマ「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」が放送中ということで、アルティメットヒッツ版『ドラクエV』や『ドラクエVI』がTOP10入りを果たしています。
(※昨年は圏外)

■プレイステーション3
1位 BIOHAZARD 6
2位 ワンピース 海賊無双
3位 ドラゴンズドグマ
4位 ワールドサッカー ウイニングイレブン2013
5位 バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ
6位 テイルズ オブ エクシリア2
7位 コール オブ デューティ ブラックオプスII[字幕版]
8位 第2次スーパーロボット大戦OG
9位 TOKYO JUNGLE
10位 ARMORED CORE V

今年は『FF』が不在ということで、1位を取ったのは『BIOHAZARD 6』。『ワンピース 海賊無双』『ドラゴンズドグマ』など、50万本超えるヒット作が上位を占めています。ほかは続編物が目立つ中、『TOKYO JUNGLE』がTOP10入りしています。

■PlayStation Vita
1位 ペルソナ4 ザ・ゴールデン
2位 初音ミク -Project DIVA- f
3位 テイルズ オブ イノセンスR
4位 機動戦士ガンダムSEED BATTLE DESTINY
5位 GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動
6位 メタルギア ソリッド HDエディション
7位 ラグナロク オデッセイ
8位 みんなのGOLF 6
9位 実況パワフルプロ野球2012
10位 プロ野球スピリッツ2012

丁度発売1周年を迎えたPS Vita、『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』『テイルズ オブ イノセンスR』『メタルギア ソリッド HDエディション』といったリメイク作が多い結果となりました。PS Vitaの為に作られた完全新作では『初音ミク -Project DIVA- f』『機動戦士ガンダムSEED BATTLE DESTINY』『GRAVITY DAZE』などが上位に、マルチプラットフォームタイトルも数本入っており、『パワプロ2012』『プロスピ2012』もTOP10入りしています。

■プレイステーション・ポータブル
1位 第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇
2位 SDガンダム ジージェネレーション オーバーワールド
3位 クロヒョウ2 龍が如く 阿修羅編
4位 デジモンワールド Re:Digitize
5位 プロ野球スピリッツ2012
6位 シャイニング・ブレイド
7位 ファイナルファンタジーIII
8位 モンスターハンターポータブル 3rd PSP The Best
9位 幻想水滸伝 紡がれし百年の時
10位 ダンボール戦機W

発売から8年経ったPSPですが、まだまだ現役で現在も多くの新作が発売されていますが、2012年度のTSUTAYAセールスでは『第2次スパロボZ 再世篇』が1位となりました。『クロヒョウ2』や『デジモン』も健闘していますね。発売から2年経ち、『モンハンポータブル3rd』は8位まで後退していますが、根強い人気で今年もTOP10入りを果たしています。

なお、昨年は集計対象だったXbox360ですが、今年は対象外のようでランキング発表は行われませんでした。
《まさと》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  2. 80年代日本が舞台のロシア産ビジュアルノベル『Love, Money, Rock'n'Roll』がKickstarter開始

    80年代日本が舞台のロシア産ビジュアルノベル『Love, Money, Rock'n'Roll』がKickstarter開始

  3. 【PAX East 2015】Steam急拡大、ゲーマー拡大中、男女比は逆転しそう?、データでゲーム業界を知る「Awesome VideoGame Data」

    【PAX East 2015】Steam急拡大、ゲーマー拡大中、男女比は逆転しそう?、データでゲーム業界を知る「Awesome VideoGame Data」

  4. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  5. 「ゾイド」VRデモ、ワンフェス2016冬に出展決定…実物大の「シールドライガー」が見られる

  6. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  7. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  8. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  9. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  10. 【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

アクセスランキングをもっと見る

  • Game*Spark(ゲームスパーク)
  • インサイドちゃん

オススメの記事だホ!

page top