人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドーネットワークID、18歳未満の子供が登録するには50セントの追加料金が必要

任天堂 Wii U

「今回のみクレジットカードに請求される0.5ドルは、両親や保護者の承認を確認するためのものです」とされています。
  • 「今回のみクレジットカードに請求される0.5ドルは、両親や保護者の承認を確認するためのものです」とされています。
  • 18歳以下の登録には、両親や保護者の承認が必要であることが明記されている。
  • 任天堂公式サイトでは、ニンテンドーネットワークID登録後の生年月日は変更不能とされている
  • IDがなければMiiverseを遊ぶことはできない(IDがあっても、ペアレンタルコントロールで制限されれば不可)
アメリカで11月18日に発売されたWii U。仕様について様々な情報が飛び交っていますが、ニンテンドーネットワークID取得に関しての新たな情報が明らかになりました。

先日のNintendo Directで詳細が明らかになったニンテンドーネットワークIDは、ニンテンドーeショップやMiiverseといった、Wii Uの新機能を最大限に生かすために必要なIDとなります。また、このIDを取得することで、将来的にはPCやスマートフォンとも連携可能になるので、おそらくほとんどの方が取得されるのではないかと思われます。

ところが、アメリカのユーザーの報告によると、ID登録の際に表示される最初の文章で「未成年(18歳未満)のユーザーは親(もしくはそれに準じる保護者)の承認が必須」だということが明記されているそうです。ここで生年月日を入力し、18歳未満の場合には強制的にペアレンタルコントロールが機能し、パスワードを入力しないと登録が続行できなくなります。

さらにペアレンタルコントロールの設定を終了すると、50セント(=0.5ドル、日本円で約40円)のクレジットカード決済が要求されます。この料金は1回きりで、海外サイトに掲載中の写真には「今回のみ発生する0.5ドルは、両親もしくは保護者の承認を得られているかを確認するためにクレジットカードに請求されるものです」と表記されています。意図としては、ほとんどの未成年者が持たないクレジットカードで決済が可能だということは、すなわち親がネットワーク利用を承認しているということになるからではないかと考えられています。

ちなみに、親がペアレンタルコントロールのパスワードをちゃんと設定していない場合、嘘の生年月日を入力した場合にはそのまま登録可能だということです。ただ、一度登録したIDの生年月日は変更不能だということが日本の公式Q&Aにて明らかになっています。

今のところ、米任天堂のホームページなどではこの件について詳しい説明などありませんでした。また、クレジットカード普及率の違いなど、文化的な背景も異なる日本ではどのような扱いになるのか、注目が集まります。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か

    中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か

  2. 『ポケモン サン・ムーン』新ポケモンを紹介する映像公開!カプ・コケコ、デンヂムシ、ジジーロンなど

    『ポケモン サン・ムーン』新ポケモンを紹介する映像公開!カプ・コケコ、デンヂムシ、ジジーロンなど

  3. 任天堂がVRへの取り組みについてコメント…NXやゼルダ、自社IP映画の情報も

    任天堂がVRへの取り組みについてコメント…NXやゼルダ、自社IP映画の情報も

  4. 『スプラトゥーン』更新データ(Ver.2.9.0)7月6日配信、無敵SPやダイナモの調整などが実施

  5. 『スプラトゥーン』ついに“最後のフェス”が7月22日から開催、テーマは「アオリ vs ホタル」!

  6. 『ポケモン サン・ムーン』次回の新情報解禁は7月1日22時ごろ

  7. 『ポケモン サン・ムーン』E3 2016新情報まとめ、新ポケモンやストーリー情報も

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 『ポケモン サン・ムーン』予約開始は7月16日から!新ポケモンや「マギアナ」を仲間にする方法などが明らかに

  10. 『スプラトゥーン』“ラストフェス”Tシャツ発売決定!イカベーダーCAPやギアパワー缶バッジBOXセットも

アクセスランキングをもっと見る

page top