人生にゲームをプラスするメディア

『ドラクエX』課金登録者は伸張するも、ソフトの不振響き営業赤字は52.4億に・・・スクエニHD2012年第2Q決算

ゲームビジネス その他

スクウェア・エニックス・ホールディングスIR情報
  • スクウェア・エニックス・ホールディングスIR情報
スクウェア・エニックス・ホールディングスは11月6日、2012年度第2四半期連結決算を発表しました。売上高は前年同期比で6.2%増の610億5500万円となったものの先日の発表通り、営業利益、経常利益ともに赤字を計上しています。

それぞれの赤字額は営業赤字52億4000万円(前年同期は営業利益73億9100万円)、経常赤字62億6600万円(前年同期は経常利益53億8600万円)、四半期純損失は54億8000万円(前年同期は純利益37億400万円)となっています。

当第2四半期ではニンテンドー3DSソフト『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D』が好調だったほかは、軒並み計画を下回る販売実績になった模様。ソーシャルゲームでは『戦国IXA』『ファイナルファンタジーブリゲイド』などは引き続き順調に推移し、四半期ごとに増益を記録しているものの、新規開発タイトルの開発費用が先行し利益面で伸び悩みが見られるということです。

なお、8月に発売されたWiiソフト『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』の課金登録者数は順調に伸張しているとのこと。

この結果、ゲームを中心とするデジタルコンテンツを扱うデジタルエンタテインメント事業の当第2四半期累計期間の売上高は307億4900万円(前年同期比4.3%増)、営業損失は20億8800万円(前年同期は営業利益77億8100万円)となっています。

今後は新たなユーザー・ニーズに対応したコンテンツの強化や、大型オンラインゲームの本格立ち上げなどに取り組んでいくとのこと。そこで新たな収益基盤の確立し収益改善を図るとともに、本格的な業績回復を目指していく方針です。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  2. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

    【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  3. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

    【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  4. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  5. 読売ジャイアンツと『戦国無双 ~真田丸~』が異色コラボ―特製キーホルダー付の入場券!

  6. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  7. ブシロード、東京ゲームショウ2016に出展!『スクフェス』勧誘体験や新規タイトル情報を公開予定

  8. 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

  9. 『テトリス』や『ドンキーコング』の作曲家が逝去、ゲーム音楽業界に大きな貢献残す

  10. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

アクセスランキングをもっと見る

page top