人生にゲームをプラスするメディア

ソニー第2Q決算、ゲーム部門は減収・減益で営業赤字を計上 ― 携帯ハードの販売見通しも下方修正

ゲームビジネス その他

ソニーは11月1日、2013年3月期第2四半期の連結決算を発表しました。ゲーム部門は2012年4~9月累計で売上高が2661億3400万円(前年同期比15.2%減)、営業損失は12億7000万円(前年同期70億5300万円)の減収となり、営業赤字を計上しています。

2012年7~9月では、売上高1481億5300万円(前年同期比15.8%減)、営業利益が22億7900万円(23.8%減)となっており、いずれも大きな減収・減益となりました。

発表によると、PS Vitaの販売は売上げに寄与したものの、PS3及びPSPのハード・ソフトウェアの減収が響き、分野全体での減収を記録したということです。営業利益については、減収と円高の影響が強いということです。

また、決算発表に伴い、ハード・ソフトウェアの今年度販売台数見込みも修正されました。ハードについては据え置き機は8月見通しの1600万台を維持したものの、携帯機については8月から200万台減の1000万台を見込んでいます。なお、9月までのハード販売台数は据え置き機が630万台、携帯機が300万台となっています。

今後は新型のPS3で据え置き機のプラットフォームを拡大していく一方で、PS Vitaについてはソフトウェアの充実をはじめとして、様々な施策を講じて普及に努めるということです。また、2012年8月にGaikaiを買収しましたが、今後新たなクラウドサービスを提供していくことも明らかにしています。

ソニーのゲーム部門を含む連結決算(累計)は売上高3兆1198億4200万円(前年同期比1.6%増)、営業利益365億2600万円(41.2%増)、税引前四半期純利益290億6300万円(25.2%増)、最終損益は401億1100万円の赤字となりました。営業益は改善し、赤字幅もわずかに縮小されました。同時に発表された2013年3月期の業績予想はゲームやコンパクトデジタルカメラなどの販売見込みを下方修正したため、売上高は従来予想より2000億円引き下げた6兆6000億円になるとしています。営業利益、税引前利益については従来予想を据え置いています。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

    株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  2. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

    まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  3. ディンゴの従業員は全員解雇、未払賃金立替払を申請中

    ディンゴの従業員は全員解雇、未払賃金立替払を申請中

  4. グラビアVRの圧倒的没入感を支える技術とは、「トキメキメテオ」の撮影を手がける株式会社シータに訊いた

  5. 「狼と香辛料」作者が送るVRアニメ『Project LUX』Steam配信へ

  6. GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

  7. 『スーパーロボット大戦』『魔装機神』のウィンキーソフトが倒産 ― 2000年頃からヒット作に恵まれず

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  10. VRで倉持由香と星名美津紀に会える、「トキメキメテオ」第一弾をいち早く体験してみた ― 本当に”トキメキ降臨”なのか?

アクセスランキングをもっと見る