人生にゲームをプラスするメディア

ソニー第2Q決算、ゲーム部門は減収・減益で営業赤字を計上 ― 携帯ハードの販売見通しも下方修正

ゲームビジネス その他

ソニーは11月1日、2013年3月期第2四半期の連結決算を発表しました。ゲーム部門は2012年4~9月累計で売上高が2661億3400万円(前年同期比15.2%減)、営業損失は12億7000万円(前年同期70億5300万円)の減収となり、営業赤字を計上しています。

2012年7~9月では、売上高1481億5300万円(前年同期比15.8%減)、営業利益が22億7900万円(23.8%減)となっており、いずれも大きな減収・減益となりました。

発表によると、PS Vitaの販売は売上げに寄与したものの、PS3及びPSPのハード・ソフトウェアの減収が響き、分野全体での減収を記録したということです。営業利益については、減収と円高の影響が強いということです。

また、決算発表に伴い、ハード・ソフトウェアの今年度販売台数見込みも修正されました。ハードについては据え置き機は8月見通しの1600万台を維持したものの、携帯機については8月から200万台減の1000万台を見込んでいます。なお、9月までのハード販売台数は据え置き機が630万台、携帯機が300万台となっています。

今後は新型のPS3で据え置き機のプラットフォームを拡大していく一方で、PS Vitaについてはソフトウェアの充実をはじめとして、様々な施策を講じて普及に努めるということです。また、2012年8月にGaikaiを買収しましたが、今後新たなクラウドサービスを提供していくことも明らかにしています。

ソニーのゲーム部門を含む連結決算(累計)は売上高3兆1198億4200万円(前年同期比1.6%増)、営業利益365億2600万円(41.2%増)、税引前四半期純利益290億6300万円(25.2%増)、最終損益は401億1100万円の赤字となりました。営業益は改善し、赤字幅もわずかに縮小されました。同時に発表された2013年3月期の業績予想はゲームやコンパクトデジタルカメラなどの販売見込みを下方修正したため、売上高は従来予想より2000億円引き下げた6兆6000億円になるとしています。営業利益、税引前利益については従来予想を据え置いています。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  2. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  3. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

    【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  4. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  5. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  6. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  7. PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

  8. 【TGS2016】VRゲームに変化、出展ブースが緑に染まる

  9. 【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

  10. 「ゾイド」VRデモ、ワンフェス2016冬に出展決定…実物大の「シールドライガー」が見られる

アクセスランキングをもっと見る

page top