人生にゲームをプラスするメディア

スクエニHD、2013年第2四半期は赤字予想に ― 大型ゲームの伸び悩みやソーシャルゲームの売上減響く

その他 全般

スクウェア・エニックス・ホールディングスは10月30日に、2013年第2四半期の業績予想を下方修正しました。それにあわせて、13年3月期の通期予想の下方修正も発表しています。今回の修正で3月期の経常益は従来予想から56.7%減の65億円と大幅な減益となる見込みです。

13年第2四半期累計の連結業績予想は、売上高61億円(前回予想:76億円)、営業赤字52億0円)、経常赤字62億円(0円)、四半期純損失54億円(0円)と大幅な下方修正しています。なお、当初の予想から、大型オンラインゲーム制作勘定の償却や運営費の増大を見込み、営業益、経常益、四半期純利益ともに0円(≒利益なし)と想定していました。

下方修正の理由としてはアミューズメント事業のゲーム機販売不振に加え、デジタルエンタテインメント事業における、大型HDゲームの販売の伸び悩み、ソーシャルゲームのリリース遅延による売上減と開発費用の先行があげられています。

また、第2Qの下方修正要因に加え、デジタルエンタテインメント事業やアミューズメント事業にも引き続き不確定要因が見込まれるため、13年3月期の連結業績予想を、売上高が1500億円(前回予想:165億円)、営業利益75億円(150億円)、経常利益65億円(150億円)、当期純利益35億円(90億円)に下方修正しています。それぞれ、売上高が-9.1%、営業利益-50%、経常利益-56.7%、当期純利益-61.1%の下落となり、従前の予想では前期より増益の予想でしたが、今回の修正で今期は減益になる見込みです。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  2. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

    【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  3. SDガンダムの新食玩シリーズ「FW SDガンダム NEO」発売開始、デフォルメながらもサイズ感やディテールにこだわりが

    SDガンダムの新食玩シリーズ「FW SDガンダム NEO」発売開始、デフォルメながらもサイズ感やディテールにこだわりが

  4. 『遊☆戯☆王』第6作目タイトルは「VRAINS」に決定、舞台はVR空間

  5. 書籍「幻の未発売ゲームを追え!」3月25日発売…ファミコンソフト『オフザーケン』などの関係者にも迫る

  6. 【昨日のまとめ】D3Pの斬新な「タッチ我慢スターター」がアクセス過多、『ニーア オートマタ』“TVCM無規制版”お披露目、『FFVII リメイク』などの画像公開…など(2/20)

  7. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  8. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  9. 【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  10. 【特集】『Steamで遊べる名作アドベンチャーゲーム』10選―絶対にプレイすべき傑作集

アクセスランキングをもっと見る