人生にゲームをプラスするメディア

【日々気まぐレポ】第2回 『解放少女』の主人公はマジ天使カワイイ!

任天堂 3DS

主人公の大空翔子ちゃん。CVはご存知、花澤香菜さん
  • 主人公の大空翔子ちゃん。CVはご存知、花澤香菜さん
  • 翔子ちゃんの第一秘書、雲母才蔵さん。CVは成田剣さん
  • 弾幕をよけつつクサビに攻撃!
  • 大型クサビはゆっくり手順を追って抜いていきます
  • 特攻!ドスパイラルアターーーック!(違)
  • ミッションコンプリート!
そろそろRサイバスター以外にもSRフェアリオンとか来て欲しいライター、ひびきによる隔週連載「日々気まぐレポ」も第2回目でございます。

秋アニメも数話が放送され、本格的にどれを視聴継続しようか選ぶのに悩ましい今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。私個人的には「絶園のテンペスト」や「サイコパス」、「新世界より」などを大変気に入りまして。どれも世界観がドシリアスで、いい意味で雰囲気の暗い感じが自分にはピッタリです。

・・・え?バレバレですか。え、えぇそうですよ。どちらにも花澤 香菜さんが出演されてますよ。出演キャストさんも大切な考慮のひとつですよ。

そんなわけで本日取り上げますのは花澤香菜さんも大空 翔子役で出演されていますニンテンドー3DSソフト『解放少女』です。まずは花澤香菜さんのエンジェルボイスも確認できるこちらのPVをどうぞ。



この『解放少女』というゲームですが、実はレベルファイブが発売する『GUILD01(ギルドゼロワン)』の中に収録されている一タイトルです。キャッチコピーの「4つがひとつに」という言葉の通り『GUILD01』は、それぞれ著名なクリエイターさんたちによって開発された珠玉のゲーム4本が1つのパッケージに集約された作品です。この『解放少女』を開発するのは『killer7』や『NO MORE HEROES』を手がけるグラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一さん。4本が1本にと言っても、単なるミニゲーム集というわけではなく、各作品それぞれ独立したパッケージで売られていてもおかしくない重厚な作りなのでお得感もひとしお。

その中でも、ロボゲー好きの私が特にビビッときたのがこの『解放少女』という作品でした。

■重厚な世界観、ストーリー
物語の舞台は今から100年後の日本。そう遠い未来でも、さりとて近くもない未来ですね。日本政府はかねてからの環境問題を解決するために「神獣」なる自然エネルギーによる磁場を新しいエネルギー源として問題を解決しました。
しかし、そこで突如として日本は「隣国」や「大国」により、侵略を受けてしまいます。うーん、なんだかタイムリーな問題ですね。100年たっても解決してませんか。
そしてその侵略の結果、神獣は封印されてしまい日本のエネルギーバランスは崩壊してしまいます。環境はめちゃくちゃになり国土のほとんどが水没してしまうという大災害に見舞われる日本。わずかに残った国土にも侵略国家が駐留して日本を統治していました。
そんな中、日本の政治スタイルは大統領制に移行。ところが、新日本国の初代大統領である大空 翼一郎が何者かに暗殺されてしまいます。そこで、彼の娘である大空 翔子が第2大新日本国大統領に就任、新日本国の再生と自立を賭けた戦いに身を投じていく、というのが本作のメインストーリーです。
SFシューティングな本作ですが敵は謎のモンスターでもなければ宇宙人でもなく「隣国」や「大国」であるという政治色の強いバックボーンを持つのも本作の特徴のひとつといえるでしょう。

■主人公は少女で大統領でロボット乗り
で、プレイヤーキャラクターたる主人公がこの第2代新日本国大統領の大空 翔子なのです。CVは花澤 香菜さんです。もう一度言います、我らが花澤 香菜さんです。ヒャッホウ。

キャラクターデザインはコザキユースケさん。凛とした面持ちながら可愛らしさが伺える素晴らしいキャラクターです。長野県に暮らす普通の女子高生だった彼女が、亡き父の遺志を継ぎ、新日本国を背負って戦っていくという、なかなかにヘビーな設定がありますが、本編ではそんな事を感じさせず、あくまで気丈に振舞っているのが印象的です。うん、可愛いですね。大統領でありながら、自ら人型可変ロボットである「解放機カムイ」のパイロットとして祖国再生のために前線へ赴きます。レッツパーリィです。

そして、本作にはもう一人重要なキャラがいます。大統領たる翔子の第一秘書である雲母 才蔵です。元々彼は、翔子の父である初代大統領翼一郎の秘書であったのがそのまま引き継いでいるという形になっています。戦闘時は母艦で作戦司令を勤めてくれる頼もしい大人の男です。CVは成田 剣さん。その安定感のある声で戦闘中は常に戦況報告や作戦指令を伝えてくれます。

■主役機、そして唯一の味方機であるロボット、カムイ
翔子がパイロットを務める「解放機カムイ」は全長11mという小柄なロボット。デザインは「HEROMAN」や「STAR DRIVER」で知られるコヤマシゲトさんです。飛行形態にも変形できる可変ロボットですが、人型形態でも基本的には空中に浮遊して行動します。

機体周辺には「シールドバレット」なる特殊エネルギーフィールドが存在。このシールドバレットは、機体を敵弾から護る役目は当然ながら、攻撃時にはこれを弾丸としても使用することが可能な攻防一体のシステムです。弾丸として使いすぎれば機体の防御が疎かになるなど、ゲームシステムとしても大変面白く、使い所とバランスを考えるコトのできる戦略性の高いプレイを可能にしています。

攻撃手段は、地の利を生かして行う上空からの対地爆撃が基本となります。もちろん、対空兵装もしっかりと完備。その他にも、広範囲を攻撃するためのビームソード状の兵装である「刀」やシールドバレットを纏っての「特攻」攻撃など多彩な攻撃方法を持ちます。

少し長距離を移動したい時には高速巡航形態に変形できるなど、細かいところでもロボットファンを唸らせるポイントが満載です。

■「クサビ」から日本国土を解き放て!
新日本国の国土には隣国により「クサビ」が打ち込まれています。大きいものから小さいものまでが日本各地に埋め込まれており、このクサビによって日本は自然エネルギーを失ってしまって居るというわけです。

そこで、翔子はカムイを駆ってこれらのクサビを破壊していく任務に当たります。クサビを破壊するごとに国土は緑を取り戻していきます。この緑化度がゲーム的にもスコアにつながっているという仕組みです。

もちろん、クサビは隣国にとっては拠点設備であるため大型追尾ミサイルや磁場シールドなど、様々な拠点防衛兵器が展開されているので破壊は容易ではありません。厳重な防衛を時には破壊しながら、ときには掻い潜りながらクサビを破壊し、日本の国土を取り戻していきます。

■スムーズな操作性、タッチスクリーンを使った昇順動作
操作に使う基本的な入力はタッチスクリーンとスライドパッド、Rボタンです。スライドパッドで移動、一定期間同じ方向に入力していると高速巡航形態に変形して移動します。Rボタンは移動操作の補助を担当。攻撃系のインターフェイスはタッチスクリーンに集約されており、ここで兵装の使用や照準動作、兵装切り替え、必殺技発動などが可能になっています。操作は直感的で、パソコンで言うマウスを動かすようにタッチスクリーンで照準カーソルを移動すると上画面のターゲットサイトが移動、照準に敵を入れてタッチ連打で攻撃というシンプルなもの。連打以外にも長押しで複数ターゲットに斉射できるなど爽快感も抜群です。

もちろん、操作が頭に入っていなくても、初回ミッション時に雲母さんが懇切丁寧に解説をしてくださるので初心者パイロットでも安心です。


総評としては3Dロボットシューティングの新たな一面を垣間見た気がしました。というのも、ステージ終盤の大型クサビ戦では敵が様々な弾幕を展開してくるのですが、立体視をオンにしていると、より自機の位置と敵弾との相対位置関係が立体的に把握できるんです。これは筆者の中ではちょっとした革命で、いままでのゲームだと「避けたはずが掠っていた」ということがままあったため、今回のように華麗に立ちまわって回避行動を成功させたときの脳汁の噴出たるや筆舌に尽くしがたいものがありました。

この手のシューティングが苦手だという人は是非筆者のような体験を、もちろん得意だという人もこの立体視による空間把握の楽しさを是非味わっていただきたいですね。

『GUILD01』は、好評発売中で価格は3,980円(税込)です。

(C)LEVEL-5 Inc.
(C)GRASSHOPPER MANUFACTURE INC. 


■筆者紹介:ひびき
ゲームやマンガやアニメが大好きな駆け出しライター。
どうにもこうにも、その方面の知識しかないので良く分からないことしか言わない。
ゲームのプレイは基本的にはじっくりまったりやるので足が遅い方。
相棒は「古鉄」と名付けたニンテンドー3DSフレアレッド。
Twitter:hibiki_magurepo
《ひびき》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. ゲーム作成&配信可能な3DS『RPGツクール フェス』発表! 配信されたゲームは『ツクールプレイヤー』でプレイ可能

    ゲーム作成&配信可能な3DS『RPGツクール フェス』発表! 配信されたゲームは『ツクールプレイヤー』でプレイ可能

  2. 『ポケモン』「イーブイ」のぬいぐるみ型PCクッションが登場、ぎゅっと抱きしめながら快適な作業が可能

    『ポケモン』「イーブイ」のぬいぐるみ型PCクッションが登場、ぎゅっと抱きしめながら快適な作業が可能

  3. 【3DS DL販売ランキング】『蒼き雷霆 ガンヴォルト 爪』初登場9位、『ルーンファクトリー4』ランキング浮上(8/25)

    【3DS DL販売ランキング】『蒼き雷霆 ガンヴォルト 爪』初登場9位、『ルーンファクトリー4』ランキング浮上(8/25)

  4. 任天堂、ジェスネットの子会社化・アジオカからゲーム卸事業譲受を発表

  5. 『実況パワフルプロ野球 ヒーローズ』発表! 3DSにシリーズ初登場…「まったく新しいパワプロ」

  6. 【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

  7. フィギュア「ねんどろいど メタナイト」予約開始!カービィと同じく磁石で自由なポージングが可能

  8. 土管から「安倍マリオ」登場!?リオ五輪閉会式で安倍総理がマリオに扮する

  9. 任天堂、3DS搭載のリチウム電池に関するガイドライン公開―意外と知らない豆知識も…?

  10. 『ゼルダの伝説』30周年記念画集「ハイラルグラフィックス」8月26日発売、歴代アート2,000点以上を収録

アクセスランキングをもっと見る

page top