人生にゲームをプラスするメディア

複雑なアニメーションデータもUnity上に集約して手軽に実装・・・モバイルゲーム向けパイプラインのデモ

ゲームビジネス その他

オートデスク 門口洋一郎氏
  • オートデスク 門口洋一郎氏
  • オートデスク 築島智之氏
  • ユニティ 伊藤周氏
  • ゼロシーセブン 池田隆行氏(左)
  • 複雑なアニメーションデータもUnity上に集約して手軽に実装・・・モバイルゲーム向けパイプラインのデモ
  • 複雑なアニメーションデータもUnity上に集約して手軽に実装・・・モバイルゲーム向けパイプラインのデモ
  • 複雑なアニメーションデータもUnity上に集約して手軽に実装・・・モバイルゲーム向けパイプラインのデモ
  • 複雑なアニメーションデータもUnity上に集約して手軽に実装・・・モバイルゲーム向けパイプラインのデモ
リッチコンテンツ化するモバイルゲームで、さらなる開発の効率化を進めるためには、どのようなワークフローが考えられるでしょうか。「新次元ゲーム開発セミナー」で10月18日、オートデスク、ユニティ・テクノロージズ・ジャパン、ゼロシーセブンは講演「モバイルゲーム用キャラクターアニメーション ソリューション紹介」を行い、一つの回答を提示しました。

登壇者はオートデスクからテクニカルスペシャリストマネージャーの門口洋一郎氏、テクニカルスペシャリストの渡辺揮之氏、ソフトウェアエンジニアの築島智之氏の3名。ユニティからエバンジェリストの伊藤周氏。そしてゼロシーセブン執行役員の池田隆行氏の5名となります。

プレゼンテーションは大きく、Mayaで作成したキャラクターアニメーションデータをUnity上でゲームに組み込み、モーションをモーションビルダーとゼ社のモーションキャプチャーシステム「Xsens MVN」で修正・追加。iPhone5上で実行するという流れで進みました。完成形のイメージは3D空間上のステージでキャラクターがタッチ操作でぐりぐりと動き回り、ジェットパックで空中に浮かんだり、レーザーを発射する、というものです。

■MayaとUnityのシームレスな連携、そしてMecanimの威力
デモは主人公キャラクター「スベン」の制作から始まりました。築島氏は「キャラクターのモデリングやテクスチャーは何とかなるが、大変なのはスケルトンやリグといった、アニメーションの設定」だと指摘。これがMaya 2013のHuman IKツールを用いると、手軽にセットアップできると解説しました。

いずれも初心者がゼロから習得しようとすると、数ヶ月はかかるという代物ですが、ボタンを1クリックするだけで、標準的なボーンやリグを設定できます。修正もマウス操作やパラメータ設定で自由自在。他のキャラクターとアニメーションデータを共有することも簡単です。標準的なデータを使い回して、キャラクターごとに差分修正で個性を演出といった具合に、作業を省略できます。

こうして作られたスベンのデータはUnity側にインポートされ、ゲームとして組み込まれることになります。伊藤氏はここでUnity4の目玉機能の一つ、 Mecanimを用いた実装例について紹介しました。

キャラクターがゲーム中に繰り出す動作には、走ったり、ジャンプしたり、殴ったりと、さまざまな種類があります。Maya上ではこうしたデータは、すべて異なるファイルとして作成され、Unity上にインポートされます。つまり動作の数だけ、アニメーション付きのキャラクターデータが並ぶわけです。

Mecanimを使うと、これらを「アバター」という概念で共通化できます。アバター上ではMayaのボーンデータとMecanim側の部位対応を調整したり、関節の可動域を設定したり、といったことが可能です。アバターの設定情報は、別のアニメーションデータ(たとえば走るモーション)を読む込んだ時に、簡単に引き継げます。

■アニメーションの状態遷移はGUIで設定
続いてキャラクターをステージ上に配置して、実際に動かせるようにしていきましょう。アバターで一括管理された個々の操作を選択すると、プレビュー画面で動作を確認できます。細かい条件修正(アニメーションの内容によらず、キャラクターをまっすぐ移動させるなど)はここでも可能です。

チェックが終わったら、ドラッグ&ドロップでスベンをステージ上に配置して、アニメーションの遷移設定をGUI上で指定していきます。スベンの立ちモーションから移動モーション、そしてジャンプモーションなどの項目をエディタ上にドラッグ&ドロップし、それぞれの関係性を線で結んで、遷移条件を指定していくのです。ある動作から別の動作に切り替わる際のタイミングなども、スラスターでサクッと調整できます。

アニメーションが切り替わる際のフラグ設定(ジャンプフラグがオンになったら、ジャンプモーションを再生するなど)は、メニューで追加したのちに、個々の条件をスクリプトで記述します。これによって、何もボタンを押さないときは画面上で立ちモーションを再生し、上キーを押すと走るモーションを再生して移動、左右キーを入れると回転といった、一連の動作をさせられるようになるのです。

なお、各動作は階層構造を取ることもできます。本例では「走る」という動作の中に「まっすぐ走る」「右旋回」「左旋回」という3種類の動作が登録されています。ここで注意点として、単純に右旋回の動作をミラーリングして左旋回とすると、左右の足の動きがおかしくなってしまうことが上げられました。デモでは右向きに円周移動するアニメーションの一部を切り取って右旋回を作成。その後、両足の動きに注意しつつ、別の一部を切り取ってミラーリングし、左旋回の動きが作られました。

■アニメーションの修正もMaya上で自由自在
続いてアニメーションデータの修正と、アップデートの手順が紹介されました。例として上げられたのがジャンプモーションの修正です。まずMaya上でジャンプモーションを呼び出し、Human IKツール上で加工していきます。本ツールではPhotoshopのように、モーション修正にもレイヤー構造を利用でき、ある動作中に特定のタイミングから、別の動作を再生できます。

差分データの作成も簡単で、はじめに動作を修正する範囲を指定しておき、その中でキーフレームとなるモーションを修正します(ここではジャンプの頂点でハードルを飛び越すようなポーズがつけられました)。こうするだけで、前後のアニメーションが自動的に補完されて、新しいアニメーションデータが完成となります。補完データを修正したい場合は、同じようにキーフレームとなるポーズだけを修正すればいいわけです。

このようにして作られたアニメーションデータは、再びUnity上に送られ、アップデートされます。今回は築島氏がMaya上で書き出したファイルを、同じローカルPCにインストールされたUnityでインポート。動作をチェックした後で、アセットサーバを経由して伊藤氏が操作するPC上のUnityに転送されまました。

■モーションキャプチャーの価格破壊「Xsens MVN」と連結
もっとも、これらのアニメーションデータをゼロから作るとなると大変です。そこでデモでは、Xsens MVNを用いてモーションキャプチャーを行う手順が紹介されました。作成されたデータをモーションビルダーを介してMayaに取り込み、キャラクターデータに流し込んだ後に、Unity上で組み込まれることになります。

Xsens MVNの最大の特徴は、17個の慣性センサ(ジャイロ+加速度+地磁気センサ)が組み込まれた専用スーツを着用する点。簡単なキャリブレーションを行うだけで、ノートPCが一台あれば、すぐに収録が始められます。専用スタジオや機材を必要としないため、街中でも収録が可能です。余談ですが、同社ブースではキネクトを用いたエントリーユース向けのモーションキャプチャシステム「nuiCapture」のデモも行われていました。

閑話休題。デモではモーションビルダーとMayaのライブリンクがネットワーク障害でうまくいかず、事前に用意されたデータで代用されるハプニングがありました。もっとも、それ以外はスムーズに進行。Unity上に読み込まれたアニメーション付きキャラクターデータが、アバター設定のコピーやGUI上での遷移設定、フラグの追加、スクリプトの記述などを経て、わずか数分で操作可能になりました。その後、事前にiPhone5上で用意された実機デモが、iPhoneの画面をMacのデスクトップに写すアプリ「Reflection」を経由して紹介され、講演終了となりました。

ちなみにUnity4の「Generic Mecanim」機能を使うと、人型以外のキャラクターでも手軽にアニメーション管理が可能となります。デモではネコ、熊、恐竜のキャラクターが画面上を動き回る様が紹介されました。また門口氏よりデモを通して使用された、オートデスクが提唱するFBXフォーマットを用いると、フェイシャルアニメーション作成ツールのFace Robotや、デジカメで撮影した画像からポリモンモデルを自動生成するAutodesk 123Dのデータも、Unityに持ち込むことができると補足されました。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

    【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  2. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  3. 【E3 2016】サイバーパンクARPG『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』プレイヤーの行動で紡がれる物語とは

    【E3 2016】サイバーパンクARPG『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』プレイヤーの行動で紡がれる物語とは

  4. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  5. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  6. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  7. VR体験施設「Project i Can」に“ガンダムVR”が登場!同時に10月10日での営業終了が発表

  8. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  9. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  10. 【特集】8月の新作ゲーム何を買う?注目タイトルまとめ!

アクセスランキングをもっと見る

page top