最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
トイレでも遊べる?任天堂らしさ満載のWii U GamePadでよりテレビが魅力的に ― 社長が訊く

トイレでも遊べる?任天堂らしさ満載のWii U GamePadでよりテレビが魅力的に ― 社長が訊く

2012年10月18日(木) 21時31分
  • 社長が訊く Wii U GamePad篇の画像
    社長が訊く Wii U GamePad篇
  • 「TVii」操作時のWii U GamePadの画像
    「TVii」操作時のWii U GamePad

任天堂は、先日公開したWii U本体篇につづいて、Wii U GamePad篇の社長が訊くを公開しています。

先日は本体篇として、Wii Uのテクニカルな話が展開されましたが、GamePad篇でも勝るとも劣らぬ濃厚な話が繰り広げられています。ただ、「最後はガッツ」と岩田氏が語るように、Wii Uにかける熱い思いが伝わる内容になっています。

ご存知の通りWii U GamePadはタッチスクリーンを搭載したコントローラーで、常にゲームと連動した画面が手元に表示されます。有線ではなく、無線で映像データや入力信号を相互でやりとりするため、設計は困難を極めたそうです。

通常の動画転送技術は、多少のレイテンシー(≒遅延)があっても動画がスムーズに再生されれば良いという考えで設計されていますが、Wii U GamePadの場合は「マリオは、ボタンを押したらすぐ跳ばなきゃいけないもの」ということで、レイテンシーがあるとゲームとして成立しなくなってしまいます。そこで「いままで誰もやっていないことにチャレンジしなければいけなかった」と岩田氏は述べています。

そこで、レイテンシーをなくすために映像転送の考え方を大きく変えたということです。通常は必要な画像が揃った時点で圧縮を開始し、転送した後に展開する。この作業が終わってはじめて映像をモニターに送るという作業を繰り返します。ところが、これではどうしてもレイテンシーが生じるため、Wii Uでは画像を細切れにしたまま画像を転送する方式を採用しています。また、GamePadが手に持って遊ぶコントローラーというのもネックだったそうで、人間の身体そのものが電波を妨げたり、激しく動かすことでドップラー効果が起きてしまったりと、そういった事象に全て対応していき、Wii U GamePad側で画像を表示していると思うくらいの製品になっているとのこと。むしろ、TV画面よりも遅延なく表示されることもあるという性能になっています。

なお、GamePadが使用できるのは「同一空間内」とされていますが、金属などの障害物があると距離は短くなってしまうそうです。一方壁1枚くらいならある程度は届くようで、家の構造によってはトイレでも遊べるのだとか。いずれにせよ「まずはご自宅でお試し下さい」と岩田社長が述べています。

デザインについては3~4回は抜本的に見直しがあったそうです。以前お伝えした通り、当初はリビングに置いておくというデザインを重視し、グリップもなく、コントロールスティックもスライドパッドでした。ところが2011年のE3で展示後、遊びにくいという声が相次いで変更になったとのこと。デザイン性とゲームの遊びやすさの両立には最後まで悩んだということです。

コントローラーを作っているはずなのに、NFCもTVコントロールボタンも地磁気センサーもカメラも搭載され、「携帯型ゲーム機の機能が全部載っている」状態になったというWii U GamePad。カメラもタッチスクリーンも、Wii U GamePadの入力信号を1度本体で処理して、再度転送するという順序で表示されるにもかかわらず遅延を感じずに遊ぶことができるそうです。岩田氏はこうして完成したWii U GamePadについて、「ほかの人がテレビを使っていても遊べるテレビゲーム機が、はじめてできた」そして、「テレビとWii U GamePadをセットで使うと、テレビがもっと魅力的になる」という二つの側面があると語っています。

このほかにも開発陣のたゆまぬ努力がヒシヒシと伝わるエピソード満載ですので、ぜひチェックしてください。

(Article written by 宮崎紘輔)

任天堂アクセスランキング