最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
レア社の作曲家が語る『スーパードンキーコング』BGM誕生の真相

レア社の作曲家が語る『スーパードンキーコング』BGM誕生の真相

2012年10月14日(日) 12時00分
  • レア社の作曲家が語る『スーパードンキーコング』BGM誕生の真相の画像
    レア社の作曲家が語る『スーパードンキーコング』BGM誕生の真相

レア社で作曲家として働くDavid Wiseが、『スーパードンキーコング』のBGMが生まれたきっかけを、海外サイトのインタビューの中で語りました。

レア社が『ドンキーコング』の制作に着手することになったため、Wise氏は2~3週間かけ、複数のそれぞれ異なるスタイルの曲をBGMの候補として作曲しました。しかし、どの方向性でいくのかがはっきりしなかった為、一つのデモテープに3つの異なるスタイルの曲を入れ提出したということです。

デモテープを聴いたレア社の重役は、「3つの曲の曲間を繋げるように」とWise氏に指示し、それが最初のステージのBGMとして使われることになったようです。



もとはそれぞれ別の曲だったものが1つの曲として生まれ変わった結果、あのように個性的で印象深いBGMとなったわけですね。





現在はドンキーコングのメインテーマ曲として、『大乱闘スマッシュブラザーズ』や『マリオカート』など様々なゲームでアレンジされて流れています。

(Article written by 菜種)

任天堂アクセスランキング


パッケージ画像
機種 GBA
ジャンル ACT
発売元 任天堂
開発元 レア社
発売日 2003年12月12日
プレイ人数 プレイ人数未定