最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
【女子もゲーム三昧】32回目 スシ食いね!『クルりんスッシー』で寿司職人体験!

【女子もゲーム三昧】32回目 スシ食いね!『クルりんスッシー』で寿司職人体験!

2012年10月14日(日) 11時00分
  • 寿司食いね!の画像
    寿司食いね!
  • お客の好みは頭を見ろ!の画像
    お客の好みは頭を見ろ!
  • ステージノルマ達成でボーナスゲット!の画像
    ステージノルマ達成でボーナスゲット!
  • 仕入れすぎたネタを消化するお仕事の画像
    仕入れすぎたネタを消化するお仕事
  • 職人仕事しろの画像
    職人仕事しろ
  • 仕入れ間違いは日常茶飯事の画像
    仕入れ間違いは日常茶飯事
  • 素材は連打でカット!の画像
    素材は連打でカット!
  • 目指せ一流!の画像
    目指せ一流!

「女子もゲーム三昧」担当のみかめです。 前回『JUST DANCE Wii2』でダイエット作戦を立てたのに、心はすっかり食欲の秋モード。『ニンテンドーeショップ』をのぞいてみても、ついつい食べ物に目がいってしまいます。

というわけで、今回は食べたつもりでニンテンドー3DSダウンロードソフト 『クルりんスッシー』をプレイしてみました!

■回転させてつないで消そう!
モードは「ストーリーモード」と「フリーモード」の二つ。「ストーリーモード」ではプレイヤーは寿司職人「スッシー」となりお客にお寿司を握ります。画面いっぱいに並べられたお寿司にカーソルを合わせ、A・Bボタン、もしくはタッチペンでお寿司を回転させ、縦か横に3つ同じネタを揃えてお寿司を消していきます。消されたお寿司はお客さんに出され、そのお寿司の売り上げが加算される、というわけです。コンボもあるのでうまくお寿司を回転させていくのがポイント。ノルマ人数を満足させればステージクリアとなります。

■高価なネタを提供したら・・・
「要はお客さんをこなして売り上げをあげればいいんだろ!」というわけで高価なウニやイクラを提供しまくったら、食事拒否されてしまった上に「お邪魔ネタ」を投下されてしまいました。どうやらお客さんには好き嫌いがあり、嫌いなネタを出すと容赦のない営業妨害をしてくるみたいです。よくよくお客さんを見れば、わかりやすいくらいの寿司ネタの被り物をしているじゃないですか。被り物を見ながら好きなネタを提供したら通常の2倍のお代を払ってくれました。寿司を消すことに気をとられお客さんのことを見ていなかったのがいけなかったようです。そう、寿司職人はお客さんとのコミュニケーションも大切。言われずとも好きなネタを見極めるのが本当の寿司職人というわけですね!

■頼りない職人に振り回されて
最初はお客さんのノルマも低めですが、どんどん難易度が上がっていきます。見習いから一人前になれば当然仕事量も多くなるわけですが・・・しかしこのお店、それ以前にトラブルだらけ。タコを仕入れすぎたから多めに出せとか、冷凍ネタが出てくるから解凍しながらやれとか、ネタが素材のまま出てくるからさばけとか。一流の寿司職人はどんな状況に陥ってもそつなくこなすものなのでしょうか? いやしかしそれにしたって発注ミス多すぎです。この店、本当に大丈夫なのか(笑)

■タッチペンで操作する?ボタン操作する?
本作はタッチペン操作とボタン操作に対応しています。クルクル回転させる動作はタッチペンの方が断然便利。ですが、カーソルの位置をあわせるにちょっとコツがいるので慣れが必要かもしれません。ボタン操作の場合は十字キーでカーソルを合わせるのが大変ですがこちらも慣れてしまえば苦にはなりません。Bで左回転、Aで右回転はボタンの配置と同じなのですぐに慣れます。自分の操作しやすい方を選んでプレイするのが吉です。

■ほどよいプレイ時間
「ストーリーモード」と「フリーモード」、どちらも1ステージ3分間。ちょっとした合間にできるのが嬉しいですね。「ストーリーモード」はノルマのお客さんを満足させればOK。「フリーモード」は3分間でどれだけの人数をさばき、どれだけの金額を売り上げたかがカウントされます。どちらも「レコード」に記録されるので高得点を狙ってみてはいかがでしょう。ちなみに「ストーリーモード」は全10ステージありますが、途中でゲームオーバーになると1ステージからやり直しになる鬼畜仕様。かわいい絵に騙されて余裕面でやっていると1からやり直し、なんてことになるかも。寿司職人の道は甘くないですね。

夢中でお寿司を回転させていたら小腹がすいてきました。今日の夕飯は「回転寿司」一択。食べたつもりになろうと思ったのに、結局誘惑には勝てませんでした・・・。

『クルりんスッシー』は、好評配信中で価格は400円(税込)です。

(C) ARC SYSTEM WORKS


■著者紹介
みかめゆきよみ
ゲーム好き、日本史好きの漫画家兼フリーライター。
ゲームはジャンル問わずなんでもござれ。難しければ難しいほど燃えるドMゲーマーです。
歴史・ホラー漫画、歴史コラム、イラストなど雑多に活動しています。
サイト「車輪の真上」
http://zwei.lomo.jp/syarin/

(Article written by みかめ)

任天堂アクセスランキング


機種 3DS
ジャンル PUZ
発売元 アークシステムワークス
開発元 アークシステムワークス
発売日 2012年09月12日
プレイ人数 1人プレイ専用