人生にゲームをプラスするメディア

NTTドコモ、ソーシャルゲーム配信を正式発表!他キャリアのユーザーもプレイ可能なプラットフォームを展開

ソーシャル・オンラインゲーム ソーシャルゲーム

dゲーム
  • dゲーム
NTTドコモは電子書籍や動画コンテンツを配信する「dマーケット」においてソーシャルゲームなどを配信する「dゲーム」を2012年11月下旬から開始することを発表しました。

「dゲーム」は、バンダイナムコゲームス、コナミデジタルエンタテインメント、セガ、スクウェア・エニックスをはじめ、大手のゲーム会社と協業し、ドコモがゲームを提供するサービス。ゲーム内の有料コンテンツは「dコイン」や「ドコモポイント」などを利用し購入することができます。「dコイン」は「ドコモ ケータイ払い」に対応しているので、毎月の携帯料金と一緒に支払うことができるほか、未成年ユーザーに対しては課金制限や機能制限などを設けているということです。

サービスの提供は2012年の11月下旬を予定しており、ドコモユーザーのみならず、他の携帯電話会社を利用しているユーザーも利用できるプラットフォームになります。

サービス提供当初は、ドコモオリジナルの新作3タイトルを含め、15タイトルを提供予定です。今後はソーシャルゲームだけでない新作コンテンツを投入していくということです。また、月額課金型のゲームも投入予定とのこと。

■配信タイトル
・『英雄スピリッツ』(バンダイナムコゲームス)※
・『大富豪モンスターズ』(コナミデジタルエンタテインメント)※
・『どこでもダビつく』(セガ)※
・『仮面ライダーレジェンド』(バンダイナムコゲームス)
・『テイルズ オブ キズナ』(バンダイナムコゲームス)
・『プロ野球ドリームナイン』(コナミデジタルエンタテインメント)
・『ワールドサッカーコレクション』(コナミデジタルエンタテインメント)
・『戦国IXA 千万の覇者』(スクウェア・エニックス)
・『キャプテン翼~つくろうドリームチーム~』(KLab)
・『恋してキャバ嬢GP for dゲーム』(KLab)
・『アイログ for dゲーム』(タイトー)
・『平安武士の恋愛事情 for dゲーム』(タイトー)
・『ヱヴァンゲリヲン~絶対防衛線~ for dゲーム』(D2C)
・『王子様のプロポーズ for dゲーム』(ボルテージ)
・『くにつく for dゲーム』(ケイブ)
※ドコモオリジナル新作タイトル

■サービス概要
・利用料金:基本料・登録料無料。ゲーム内のコンテンツについては、一部有料。月額課金モデルのゲームも今後提供する予定。
・対応機種:Android2.2以上のスマートフォン・タブレット、iOS(iPhone 3G、3GS、4、4S、5)、ドコモのフィーチャーフォン(90Xiシリーズ、70Xiシリーズ、STYLEシリーズ、PRIMEシリーズ、SMARTシリーズ、PROシリーズのSH端末)、他キャリアのフィーチャーフォンも一部対応

なお、10月11日より各ゲームの事前登録受け付けを開始し、登録すると特別なキャラクターやアイテムなど、各ゲームごとの期間限定特典をもれなくプレゼントするキャンペーンを実施します。これにあわせ、「1億dコイン山分けキャンペーン」も行われます。どちらもドコモユーザーのみが登録可能なキャンペーンになっています。詳細は「dマーケット」もしくは「アプリストア」から確認可能です。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション』『バイオハザード4』他

    今週発売の新作ゲーム『ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション』『バイオハザード4』他

  2. 『超銀河船団∞ -INFINITY-』のリリースが延期に、8月下旬から2016年に変更

    『超銀河船団∞ -INFINITY-』のリリースが延期に、8月下旬から2016年に変更

  3. タイ産ロボットACT『Project Nimbus』日本語版は今夏配信!ボイスに小清水亜美さんや藤原啓治を起用

  4. NHK、“自分の名字”が戦闘力化される対戦ゲーム『ネーム キングダム』を公開

  5. 『FE』を手がけた加賀昭三のフリーゲーム『ヴェスタリアサーガI』が9月21日公開

  6. MMO『ツリーオブセイヴァー』“アーチャー”の更なるクラスを映像で紹介! オープンβで登場する「マスケティア」「キャノニア」の姿も

  7. PC『インペリアルフォース(X68000版)』配信開始、宇宙統一のため敵種族と争うスペースウォーSLG

  8. 『フィギュアヘッズ』×初音ミクのスペシャルサイト公開―コラボソングも聴ける!

  9. 【特集】注目作『ツリーオブセイヴァー』ネクソンが運営する懸念と、ネクソンだからできる運営。キーマンが語る運営方針とは

アクセスランキングをもっと見る

page top