人生にゲームをプラスするメディア

早朝から長蛇の列も、京都国際マンガ・アニメフェア2012パブリックデーの様子をお届け

その他 全般

早朝から長蛇の列も、京都国際マンガ・アニメフェア2012パブリックデーの様子をお届け
  • 早朝から長蛇の列も、京都国際マンガ・アニメフェア2012パブリックデーの様子をお届け
  • 早朝から長蛇の列も、京都国際マンガ・アニメフェア2012パブリックデーの様子をお届け
  • 早朝から長蛇の列も、京都国際マンガ・アニメフェア2012パブリックデーの様子をお届け
  • 早朝から長蛇の列も、京都国際マンガ・アニメフェア2012パブリックデーの様子をお届け
  • 早朝から長蛇の列も、京都国際マンガ・アニメフェア2012パブリックデーの様子をお届け
  • 早朝から長蛇の列も、京都国際マンガ・アニメフェア2012パブリックデーの様子をお届け
  • 早朝から長蛇の列も、京都国際マンガ・アニメフェア2012パブリックデーの様子をお届け
  • 早朝から長蛇の列も、京都国際マンガ・アニメフェア2012パブリックデーの様子をお届け
京都市勧業館(みやこめっせ)にて9月21日~23日にかけて開催された、「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)」のパブリックデーのレポートをお届けします。

「京都国際マンガ・アニメフェア」は、関西圏企業と首都圏企業を結ぶビジネスマッチングの場の創出、関西で優秀な若手クリエイターが育つための市場づくり、マンガアニメファン及び外国人も含めた観光客の新たな層の掘り起こしなど、関西圏のコンテンツ市場の促進を狙って開催されたコンテンツの総合見本市。22日と23日の2日間は一般向けにパブリックデーとして開催されました。

会場ではマンガ・アニメ界を代表する出版社、アニメ制作会社、映像メーカー、放送局などの企業から、教育機関まで様々なジャンルからの出展が行われました。

出展作品は「劇場版TIGER & BUNNY -The Beginning-」や「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」といった話題の劇場上映作品、「ゆるゆり」や「ソードアートオンライン」といった放送中のテレビ作品から、「マギ」「絶園のテンペスト」などの10月放映開始の新番組まで、話題作が多く出展しました。

また、今回は関西圏が主体のイベントということもあり、「魔法少女まどか☆マギカ」や「じょしらく」、「機動戦士ガンダム00」の製作局である毎日放送や「名探偵コナン」や「宇宙兄弟」を制作している読売テレビといった、なかなか関東地方のイベントに出展する機会の少ない在阪キー局の出展も見られました。

この他にも、京都造形芸術大学や 京都コンピュータ学院・京都情報大学院大学といった教育機関も出展しており、ハイレベルな学生作品を見ることができました。

各出展ブースではコスプレをしたコンパニオンもみられ、試し読みの漫画冊子やうちわ、ミニタオルやステッカーといった様々なノベルティが配布されていました。

■ステージイベント
メイン会場には、出展ゾーンの他にイベントゾーンが設けれており、豪華ゲストを招いて各作品のスペシャルステージが行われました。

22日の1本目のイベントでは、当日の深夜にテレビ放送の最終回を迎える「黒子のバスケ」のステージイベントが行われ、小野賢章さん(黒子テツヤ役)、小野友樹さん(火神大我役)ら豪華ゲストを迎えてトークイベントが行われました。小野賢章さんが前日まで練習していたというヨーヨーの実演や、この場で初公開のNGシーン集が上映され、会場は大盛り上がりを見せました。

2本目には前日に放送最終回を迎えたテレビアニメ「ゆるゆり」からラジオ番組「ゆりゆららららゆるゆり放送室」の公開録音が行われました。三上枝織さん(赤座あかり役)、大坪由佳さん(歳納京子役)、津田美波さん(船見結衣役)、大久保瑠美さん(吉川ちなつ役)ら4人が登壇し、最終話を振り返る「ごらく部活動」や、京都をテーマにした「ゆりゆり劇場」などが繰り広げられました。ステージ最後のミニライブでは「いぇす!ゆゆゆ☆ゆるゆり」と「100%ちゅ~学生」の2曲が歌われ、会場のファンも熱気に包まれていました。

この日は他にも「薄桜鬼」や「絶園のテンペスト」のステージが行われたほか、翌日23日には「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」、「劇場版 TIGER & BUNNY-The Beginning-」など、多数のステージが行われ、会場は大賑わいを見せました。

また、メイン会場の隣にある平安神宮では、ミルキィホームズや水樹奈々さんといった豪華ゲストによる「平安神宮奉納ライブ」が行われ、多くの人を集めました。ライブ物販では夜明け前から人が並び始め、昼ごろにはみやこめっせを周回する長蛇の列ができている状況でした。

なお、来場者は計2万4000人にのぼったということです。マンガ、アニメ関係のイベントはどうしても関東地方に集中しがちですが、今回のようなイベントが今後も増えることによって、少しでも他地方との格差が解消されることを期待しましょう。

Kyoto international Manga Anime Fair All Rights reserved.
Kyomaf logo designed by Keita Amemiya(C)CHRONOGEAR CREATIVE,LTD.
Official character designed by Kosuke Fujishima(C)Kosuke Fujishima
《ひびき》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた

    【レポート】『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた

  2. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』が話題をほぼ独占! 配信前の動きからサービス開始後の反響まで

    【週刊インサイド】『ポケモンGO』が話題をほぼ独占! 配信前の動きからサービス開始後の反響まで

  3. ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

    ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

  4. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到、「PlayStation VR」二次予約受付…各店舗の状況は?、『Project Sonic』海外発表…など(7/23)

  5. 弓矢でサバゲー! レジャー施設「CROSPO」に導入された“セーフアーチェリー”、矢がスポンジ製の安心設計

  6. 「ディズィー」実戦的基本コンボをムービーで紹介 / ゲームをするしないは、小学生の学力に殆ど影響しない / 35年ぶりのアニメ化「タイガーマスクW」・・・編集部員も見るべきまとめ(7/22)

  7. 劇場版「遊戯王」が4DX/MX4Dに!今秋上映決定

  8. 初代「ベイブレード」12年の時を経て復活! 「ベイブレードバースト」シリーズにてリバイバル

  9. 【昨日のまとめ】待望の国内配信がスタートした『ポケモンGO』、お役立ち情報からサーバーダウンまで話題一色…(7/22)

  10. 『艦これ』デザインのハイレゾオーディオセットが登場、クラシックコンサートの楽曲も同梱

アクセスランキングをもっと見る

page top