最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
豪州任天堂、3DSバーチャルコンソールにGBAタイトルを初供給 ― 1本目は『Dr.MARIO』

豪州任天堂、3DSバーチャルコンソールにGBAタイトルを初供給 ― 1本目は『Dr.MARIO』

2012年9月12日(水) 19時22分
  • ファミコンミニ版『Dr.MARIO』の画像
    ファミコンミニ版『Dr.MARIO』
  • GBA版『Dr.MARIO&パネルでポン』の画像
    GBA版『Dr.MARIO&パネルでポン』

豪州任天堂は、ニンテンドー3DSのバーチャルコンソール向けにゲームボーイアドバンス版『Dr.MARIO』を配信することを明らかにしました。

ニンテンドー3DSにおけるバーチャルコンソールのゲームボーイアドバンスソフトは、値下げ前に3DS本体を買った人のお詫びとして、アンバサダー・プログラムの中からGBAソフト10タイトル(他、ファミコン10タイトル、計20本)が配信。ファミコンソフトに関しては先行配信で、GBAソフトは将来配信無いとされていました。

今回追加されたのはGBA版『Dr.MARIO』。ゲームボーイアドバンスにおける『Dr.MARIO』は、ファミコンミニ版と『パネルでポン』をカップリングした『Dr.MARIO&パネルでポン』の2種類が存在します。

告知ページを見ると、画面がファミコン版であることから、恐らくファミコンミニ版ではと予想されます。価格は4.5オーストラリアドル。

なお、3DSにおけるバーチャルコンソールではGB版『Dr.MARIO』が配信中ですが、バーチャルコンソールの仕様上の理由で通信対戦ができませんでした。また、DSiウェア版となる『ちょっとDr.MARIO』も存在しますが、1人プレイ専用で対戦プレイはできませんでした。今回配信される『Dr.MARIO』は、2人プレイをサポートしているとのことです。日本での配信が期待されます。

(Article written by まさと)

任天堂アクセスランキング


パッケージ画像
機種 GBA
ジャンル PUZ
発売元 任天堂
開発元
発売日 2005年09月13日
プレイ人数 プレイ人数未定