人生にゲームをプラスするメディア

コナミとミクシィ、アバターで交流できるスマホ向けサービス『mixiパーク』サービス開始

ゲームビジネス その他

コナミとミクシィ、アバターで交流できるスマホ向けサービス『mixiパーク』サービス開始
  • コナミとミクシィ、アバターで交流できるスマホ向けサービス『mixiパーク』サービス開始
  • コナミとミクシィ、アバターで交流できるスマホ向けサービス『mixiパーク』サービス開始
  • コナミとミクシィ、アバターで交流できるスマホ向けサービス『mixiパーク』サービス開始
  • コナミとミクシィ、アバターで交流できるスマホ向けサービス『mixiパーク』サービス開始
  • コナミとミクシィ、アバターで交流できるスマホ向けサービス『mixiパーク』サービス開始
コナミデジタルエンタテインメントは、ミクシィと共同でスマートフォン向けコミュニケーションサービス『mixiパーク』を提供開始しました。

『mixiパーク』は、SNS「mixi」登録ユーザー向けの専用アプリを使ったサービス。自分の分身となる立体的なキャラクターを作成し、友人の投稿に対してつぶやいたり、画面をタッチしてあいさつや会話をしたりなど、「mixi」でつながる仲の良い友人とキャラクターを通じてコミュニケーションを楽しむことができるサービスとなっています。

さらに、『mixiパーク』と連動したmixiゲーム『ゆるベジファーム』と『そっくりミュージアム』も配信がスタート。『ゆるベジファーム』は、どこか気になってしまう可愛らしい「やさい」キャラクターを育てる農園ゲームで、タッチパネルを使って、 育てたやさいを直接カゴにドラッグすることで簡単に収穫を楽しむことができます。つぶやきで友だちとクエスト報酬を分け合ったり、ゲーム内で入手したデコレーションアイテムを使ったり、友だちが持っていないやさいを育てて、自分だけの畑を作ることができます。

一方『そっくりミュージアム』は、「担任の○○先生を作ろう」「大好きなあのアイドルを作ろう」などといったお題に沿った似顔絵を作成し、みんなで評価し合うゲームです。顔の輪郭や髪型、目、鼻、口など、多彩なパーツが収録されており、自分のお題や他のプレイヤーのお題に、らくがき感覚で似顔絵を投稿できます。

『ゆるベジファーム』では『mixiパーク』の友だちが自分の畑に遊びに来ることができます。『そっくりミュージアム』では、ゲーム内で手に入れたポイントを『mixiパーク』で使用して、キャラクターをカスタマイズする服やアクセサリーなどが購入できます。今後コナミは、このような『mixiパーク』に対応したゲームを順次提供していく予定とのことです。

『mixiパーク』はアイテム課金制で、Android 2.3以上またはiPhone 3GS、4、4S、iPod Touch第3世代以降に対応。アプリは、GooglePlayまたはApp Storeからダウンロード可能です。

mixiパーク - mixi, Inc

そっくりミュージアム - KONAMI

(C)Konami Digital Entertainment
(C)mixi, Inc
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

    あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  2. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

    VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  3. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

    任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  4. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  5. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  6. VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

  7. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  8. VRチームは50人規模、馬場社長が明かす“コロプラが全力でVRに取り組む”理由

  9. スクエニxマーベルの「アベンジャーズ」プロジェクトが海外発表!―複数のゲームを開発

  10. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る