人生にゲームをプラスするメディア

沼倉愛美さん、藤田咲さんも登壇『円卓の生徒 The Eternal Legend』&「Project Discovery」

その他 全般

沼倉愛美さん、藤田咲さんも登壇『円卓の生徒 The Eternal Legend』&「Project Discovery」
  • 沼倉愛美さん、藤田咲さんも登壇『円卓の生徒 The Eternal Legend』&「Project Discovery」
  • 沼倉愛美さん、藤田咲さんも登壇『円卓の生徒 The Eternal Legend』&「Project Discovery」
  • 沼倉愛美さん、藤田咲さんも登壇『円卓の生徒 The Eternal Legend』&「Project Discovery」
  • 沼倉愛美さん、藤田咲さんも登壇『円卓の生徒 The Eternal Legend』&「Project Discovery」
  • 沼倉愛美さん、藤田咲さんも登壇『円卓の生徒 The Eternal Legend』&「Project Discovery」
  • 沼倉愛美さん、藤田咲さんも登壇『円卓の生徒 The Eternal Legend』&「Project Discovery」
  • 沼倉愛美さん、藤田咲さんも登壇『円卓の生徒 The Eternal Legend』&「Project Discovery」
  • 沼倉愛美さん、藤田咲さんも登壇『円卓の生徒 The Eternal Legend』&「Project Discovery」
角川ゲームスが開催したファンイベント“ロリポップチーンソー 夏の感謝祭”にて、PSPソフト『円卓の生徒 The Eternal Legend』とPS Vita用のプロジェクト「Project Discovery」の紹介があったのでレポートします。

■『円卓の生徒 The Eternal Legend』
10月11日の発売を予定していたPSPソフト『円卓の生徒 The Eternal Legend』が、10月4日に発売されることが発表された。

株式会社エクスペリエンス代表取締役社長の千頭元氏、作家のベニー松山さん、ダンジョンRPGを応援するDRPG PROGRESSのナビゲーター沼倉愛美さんが登壇。

松山さんはダンジョンRPGを遊び続けて30年。「ダンジョンRPGというのは、言ってみれば文学のようなものだと思っています。メモリが少なかったPCで、いかに楽しいゲームを作ろうかというところから始まっている」と発言。これを受けて千頭氏も「文章からそれぞれの想像力でシーンを思い描けるように、メモリを増やすということではなく研ぎ澄ます方向で開発をしています」と続けた。本作はダンジョンRPG初心者でも遊べるとのことで、沼倉さんは「ダンジョンRPGは歴史が深いジャンルなので勉強していきたい」と意気込みを語りました。

そのほか、主題歌「Destiny」は喜多村英梨さんが歌うことが決定。さらには、ゲーム中で使える最強のアイテム「神村正」が実装されることが明らかになりました。



『円卓の生徒 The Eternal Legend』は、10月4日発売予定で価格は6,090円(税込)となっています。


■Project Discovery for PlayStation Vita
「Project Discovery」のパートでは藤田咲さんがプレゼンテーターとして登壇しました。

「Project Discovery」は、PlayStation Vitaをプラットフォームとして、プロ・アマチュアの垣根を超えて、ユーザー自身がシナリオ、キャラクターデザイン、ボイス、楽曲といったそれぞれの得意分野を持ち寄ることで、それぞれの良さを活かした新しい作品を生み出し、そしてそれを創出する才能を発掘・発見するための、ソニー・コンピュータエンタテインメントと角川ゲームスの共同プロジェクト。

現在開発中のスマートノベルゲームエンジン「Discovery Engine(仮称)」によってい展開されることが決定しており、ゲームと書籍の中間的なオリジナルゲームコンテンツ群「スマートノベルゲーム」の開発を元に12月7日まで公募しています。

公募はシナリオ・キャラクター・ボイス・サウンドの4つの部門に別れており、藤田さんから「1人でひとつの部門に応募してもいいし、仲間で組み合わせたものを応募してもいい」と説明がありました。応募は非常にカンタンで、ボイス部門の場合はスマートフォンの録音機能で得意なセリフと自己紹介を吹き込んで応募すればOK。声優を本職とする藤田さんは「モノマネはやめたほうがいいと思います(笑)」とアドバイス。

優秀作品の発表は2013年春を予定。応募方法や賞品なども公式サイトで順次公開していくとのことなので要チェックです。

(C)2012 KADOKAWA GAMES/Experience
(C)2012 Sony Computer Entertainment Inc./Kadokawa Games Ltd.
《きゃんこ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

    【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  2. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  3. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  4. 『夢色キャスト』×「スイパラ」コラボカフェ開催決定!池袋店で3月3日より実施

  5. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  6. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  7. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  8. 【昨日のまとめ】食玩「スプラトゥーン ブキコレクション」第二弾ラインナップ判明、『ゲームの名シーン・感動編』5選、『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信…など(2/21)

  9. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  10. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

アクセスランキングをもっと見る