人生にゲームをプラスするメディア

N64『ゴールデンアイ 007』はマルチプレイ非搭載のオンレールシューターとして開発されていた

任天堂 その他

N64『ゴールデンアイ 007』はマルチプレイ非搭載のオンレールシューターとして開発されていた
  • N64『ゴールデンアイ 007』はマルチプレイ非搭載のオンレールシューターとして開発されていた
  • N64『ゴールデンアイ 007』はマルチプレイ非搭載のオンレールシューターとして開発されていた
コンソール向けの名作FPSとして今なお語り継がれるニンテンドウ64タイトル『ゴールデンアイ 007』ですが、本作のディレクターMartin Hollis氏はGDC Europe 2012にて幾つかの開発秘話を明らかにしました。



当初『ゴールデンアイ 007』はスーパーファミコン向けに開発がスタートしたもののプロジェクトは途中で放棄されてしまったのだそうです。それを見つけたHollis氏は個人的興味からプロジェクトを再開、小さなチームを結成して肉付けを始めました。ちなみにチームの大部分はそれまでゲーム開発の経験がなかったようです。

そしてゲームはスーパーファミコン向けから任天堂の新しいコンソール向けに移行。しかしその時点ではまだニンテンドウ64は存在しておらず、開発チームもどのようなコントローラーデザインとなるか分かっていなかったのだとか。

ニンテンドウ64版『ゴールデンアイ 007』は『バーチャコップ』風のオンレールシューターとして開発がスタートしましたが、その後アナログスティックの搭載が明らかとなり、ボンドはエイミング及び射撃に加えて移動する事が可能となりました。

ゲームの開発には約3年が費やされました。そして最も注目を集めたマルチプレイヤーはなんとタイムリミット寸前に追加されたとの事で、上層部もそれが動いているのを見るまで存在を知らなかったそうです。

もしスーパーファミコン版の開発が放棄される事なくすんなりと発売されていたら、伝説的作品となったニンテンドウ64版も誕生せず、今日のFPS情勢は大きく違ったものとなっていたかもしれませんね。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

    ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

  2. 「ニンテンドースイッチ」2017年発売予定のタイトルラインナップ映像が公開!

    「ニンテンドースイッチ」2017年発売予定のタイトルラインナップ映像が公開!

  3. Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

    Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

  4. 「NHK映像ファイル」で任天堂の元社長“山内溥”回が放送、1月28日5時40分より

  5. SUDA51氏、『ノーモア★ヒーローズ』関連のツイートをRTしまくる―新発表の予告?

  6. 『スプラトゥーン2』では「イカアイコン」も進化!戦況の詳細がよりわかりやすく

  7. スイッチ向け『信長の野望・創造 with PK』&『三國志13 with PV』PVが公開

  8. 『スプラトゥーン2』あの“小さなネコ”はジャッジくんの腹の上がお気に入り!?かわいい映像が公開

  9. 【レポート】『モンハン ダブルクロス』ハンター新スタイル「レンキン」、ニャンター新スタイル「ビースト」を体験!

  10. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」ニンテンドースイッチソフトを一挙紹介! 『スプラトゥーン2』の新要素などに迫る

アクセスランキングをもっと見る