人生にゲームをプラスするメディア

前四半期より利益増のDeNA、利益減のグリー ― コンプガチャ規制以降初の決算

ゲームビジネス その他

 
  •  
先程お伝えしたとおり、グリーの平成24年6月期決算の発表が本日行われました。また、9日にはDeNAの平成25年第1四半期決算も発表されています。

ソーシャルゲーム2社が「コンプガチャ規制」以降初めて発表した決算ということもあり、非常に注目を集めました。そこで、両社の規制前の決算(12~3月期)と今回の決算(4~6月期)を比較してみたいと思います。

まずはじめにグリーですが、売上高400億8000万円(前四半期比13.2%減)、営業利益189億9600万円(同22.6%減)、経常利益184億3900万円(同24.7%減)、四半期純利益123億2800万円(同8.3%減)となっています。

一方でDeNAは売上収益が475億9000万円(前四半期比11%増)、営業利益は183億9200万円(同5%増)、税引前四半期利益は180億6500万円(同1%増)、親会社の所有者に帰属する四半期利益は99億9300万円(同6%増)となりました。

両社を比較すると、グリーは「コンプガチャ規制」以後収益を減らし、DeNAは伸ばしています。有料課金での収入でみても、グリーは前四半期に428億8200万円だったのが、364億4400万円に落ち込んでいます。対してDeNAは511億円から541億円に増加しています。

なお、グリーは今回の有料課金の減収について、「グローバル展開や利用環境向上の施策にリソースを集中させたため、大型IPタイトルや新規タイトルの提供開始数が不足」したためと説明しています。

今回の決算発表を見る限りでは、「コンプガチャ規制」は両社ともに影響はあったものの、深刻なダメージを与える要因にはならなかったようです。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  2. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

    金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  3. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

    VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  4. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  5. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  6. HAL研究所、東京開発センターは本社と同じビルに移転

  7. 【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

  8. 【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

  9. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  10. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

アクセスランキングをもっと見る