人生にゲームをプラスするメディア

前四半期より利益増のDeNA、利益減のグリー ― コンプガチャ規制以降初の決算

ゲームビジネス その他

 
  •  
先程お伝えしたとおり、グリーの平成24年6月期決算の発表が本日行われました。また、9日にはDeNAの平成25年第1四半期決算も発表されています。

ソーシャルゲーム2社が「コンプガチャ規制」以降初めて発表した決算ということもあり、非常に注目を集めました。そこで、両社の規制前の決算(12~3月期)と今回の決算(4~6月期)を比較してみたいと思います。

まずはじめにグリーですが、売上高400億8000万円(前四半期比13.2%減)、営業利益189億9600万円(同22.6%減)、経常利益184億3900万円(同24.7%減)、四半期純利益123億2800万円(同8.3%減)となっています。

一方でDeNAは売上収益が475億9000万円(前四半期比11%増)、営業利益は183億9200万円(同5%増)、税引前四半期利益は180億6500万円(同1%増)、親会社の所有者に帰属する四半期利益は99億9300万円(同6%増)となりました。

両社を比較すると、グリーは「コンプガチャ規制」以後収益を減らし、DeNAは伸ばしています。有料課金での収入でみても、グリーは前四半期に428億8200万円だったのが、364億4400万円に落ち込んでいます。対してDeNAは511億円から541億円に増加しています。

なお、グリーは今回の有料課金の減収について、「グローバル展開や利用環境向上の施策にリソースを集中させたため、大型IPタイトルや新規タイトルの提供開始数が不足」したためと説明しています。

今回の決算発表を見る限りでは、「コンプガチャ規制」は両社ともに影響はあったものの、深刻なダメージを与える要因にはならなかったようです。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

    株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  2. ディンゴの従業員は全員解雇、未払賃金立替払を申請中

    ディンゴの従業員は全員解雇、未払賃金立替払を申請中

  3. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

    まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  4. グラビアVRの圧倒的没入感を支える技術とは、「トキメキメテオ」の撮影を手がける株式会社シータに訊いた

  5. 「狼と香辛料」作者が送るVRアニメ『Project LUX』Steam配信へ

  6. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  7. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  8. 安価で手軽なスマホVRゴーグル「400-MEDIVR1_2」発売

  9. SNKエンタテインメント再開 ― 『KOF』『メタルスラッグ』など200以上のIPを用いたライセンス事業などを展開

  10. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

アクセスランキングをもっと見る