人生にゲームをプラスするメディア

コナミ第1四半期決算、ソーシャルゲームは好調も税引前利益は前年比30.7%減

ゲームビジネス その他

コナミは8月2日、平成25年3月期第1四半期決算を発表しました。

発表によると、売上高は491億2800万円(前年同期比10.5%減)となり、営業利益は53億8000万円(前年同期比23.4%減)、税引前四半期純利益は46億4500万円(前年同期比30.7%減)、当期純利益は27億1500万円(前年同期比32.9%減)となりました。

デジタルエンタテインメント事業では、『ドラゴンコレクション』
『戦国コレクション』『プロ野球ドリームナイン」『クローズ×WORST~最強伝説~』といったソーシャルコンテンツが好調で前年同期より収益を伸ばしました。また、現在、同コンテンツの累計登録者数は2,300万人を突破しているということです。

その他、アミューズメント機器やカードゲームについては堅調に推移。一方で、家庭用ゲームソフトは『プロ野球スピリッツ2012』、昨年発売の『ワールドサッカー ウイニングイレブン2012』が好調でしたが、全世界でのソフト売上は前年同期の276万本より74万本低い202万本となりました。

今後、ソーシャルコンテンツではラインナップの拡大を図り、家庭用ゲームソフトではグローバル展開可能なトリプルAタイトルに注力していくということです。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

    言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

  2. 美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

    美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

  3. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  6. VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

  7. 宮本茂氏も登場する海外ドキュメンタリー「Unlocked」が12月公開!―ゲーム業界の様々な分野に迫る

  8. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  9. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  10. コミュニティとゲームの未来は?~「日本で育つ新しいコミュニティの魅力」新世代ブロードバンド研究会

アクセスランキングをもっと見る