人生にゲームをプラスするメディア

『ドラゴンズドグマ』"予想外"のヒットが業績貢献・・・カプコン第1四半期業績

ゲームビジネス 市場

カプコンが30日発表した平成24年3月期の連結業績は、売上高186億2000万円(+55.8%)、営業利益26億6900万円(+244.4%)、経常利益22億0900万円(+304.5%)、純利益132億2000万円(+290.2%)と好調でした。

業績を牽引したのはゲームなどデジタルコンテンツ事業。特に同社として初の大型オープンワールドアクション『ドラゴンズドグマ』が海外では伸び悩んだものの、採算性の国内では完全新作ブランドとして過去10年で最高の初週販売本数を記録するなど、全世界で100万本を達成。収益に貢献しました。同社では「予想以上のヒットでポジティブサプライズになった」とコメントしています。

また、戦略分野であるMobage/GREE向けソーシャルゲームでは『みんなと モンハン カードマスター』『戦国BASARAカ-ドヒーローズ』『バイオハザード アウトブレイク サバイヴ』などが好調で、会員数は200万人を突破したとのこと。ビーラインブランドで展開しているスマートフォン向けゲームでは『スマーフ・ビレッジ』や『スヌーピーストリート』などが好調だったとのこと。

アミューズメント関連では、施設事業は低迷が続き前期の東日本大震災後の特需の反動もあり、減収減益に。機器については新型の『「マリオパーティ くるくる!カーニバル』や従来から提供している『モンスターハンター メダルハンティング』などが好調で業績は急回復しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

    【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  2. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  3. 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

    【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

  4. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  5. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  6. 日本のモバイルゲーム、上位10ゲームだけで市場収益50%占める

  7. 山名学氏、ハートビートを再起動 ― 従来とは違う切り口でビジネス展開

  8. SteamVR/HTC Viveが遂にローンチ!Steamでは特設ページもオープン

  9. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  10. 東広島から日本のRPGで世界を狙う!E3にも出展したケムコの戦略に迫る

アクセスランキングをもっと見る

page top