人生にゲームをプラスするメディア

【China Joy 2012】中国最大のSNS「人人網」の新しいゲーム戦略

ゲームビジネス 市場

【China Joy 2012】中国最大のSNS「人人網」の新しいゲーム戦略
  • 【China Joy 2012】中国最大のSNS「人人網」の新しいゲーム戦略
  • 【China Joy 2012】中国最大のSNS「人人網」の新しいゲーム戦略
  • 【China Joy 2012】中国最大のSNS「人人網」の新しいゲーム戦略
  • 【China Joy 2012】中国最大のSNS「人人網」の新しいゲーム戦略
  • 【China Joy 2012】中国最大のSNS「人人網」の新しいゲーム戦略
  • 【China Joy 2012】中国最大のSNS「人人網」の新しいゲーム戦略
  • 【China Joy 2012】中国最大のSNS「人人網」の新しいゲーム戦略
  • 【China Joy 2012】中国最大のSNS「人人網」の新しいゲーム戦略
フェイスブックやツイッターが接続できない中国において、ナンバーワンの地位を占めるSNSが「人人網」(RenRen)です。当初はPC向けのサービスでしたが、中国でのスマートフォンの爆発的な普及により主戦場をスマートフォンに移し、ゲーム分野にも積極的に投資します。

「人人遊戯」(RenRen Games)と呼ばれるゲーム部門は北京を本拠地として、数百名の開発体制を持ち、年間40タイトルをリリースします。当初はPCのブラウザゲームが主流でしたが、現在ではスマートフォンやタブレット向けに注力します。海外展開も進め、東京・ソウル・台北・サンフランシスコに拠点を持ちます。各国向けの開発体制も整えつつあり、日本向けのスタジオも中国国内にあるそうです。日本法人は昨年秋の設立から既に約10タイトルをテストマーケティング的にリリースしています。

その経緯からブラウザとスマートフォンの両方にタイトルをリリースするケースが多く、プレイヤーは双方のプラットフォームでプレイすることができます。Adobeとの技術提携により、クロスプラットフォームの開発環境が整備されていて、数週間で複数のプラットフォームでリリースすることが可能になっているとのこと。

これまでは自社開発に資源を集中してきましたが、今後はパートナーシップを活用し、共同開発・共同パブリッシングも展開していくとのこと。既に日本の大手コンシューマーゲームメーカーやソーシャルゲームデベロッパーとの提携が決定しているそうです。中国市場への進出には困難が伴いますが、中国最大のSNSと自社の広告ネットワーク「Ader」を持つ人人遊戯のマーケティング能力は大きな武器となりそうです。

先日国内でスマートフォン向けの第一弾として『乱世キング』をリリースした人人遊戯。今後も国内で多数のタイトルを提供していく計画ですが、単にデベロッパーとしてだけではなく、プラットフォームホルダーとしても注目を集めることになりそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

    言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

  2. 美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

    美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

  3. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  4. 世界で戦うスマホゲーム『サムライディフェンダー』を収益で支えるタップジョイの広告ソリューション「nGEN」

  5. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  6. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  7. 全身を使って“剣や盾を振り回す”VRゲーム『CIRCLE of SAVIORS』のリアルタイム複合現実が凄い

  8. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  9. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  10. DeNAのエンジニアスペシャリスト採用、新卒でも最高年俸1000万円

アクセスランキングをもっと見る