人生にゲームをプラスするメディア

将来の任天堂ハードで3D立体視は小さな機能のひとつに ― 任天堂岩田社長が語る

任天堂 3DS

将来の任天堂ハードで3D立体視は小さな機能のひとつに ― 任天堂岩田社長が語る
  • 将来の任天堂ハードで3D立体視は小さな機能のひとつに ― 任天堂岩田社長が語る
任天堂の岩田社長が海外サイトのインタビューで、ニンテンドー3DSの3D立体視について語っています。

岩田氏はインタビューの中で、任天堂が3D立体視を取り入れた理由は、2Dと比べて3D映像の方が臨場感やインパクトのあるグラフィックを提供できるからだと語っています。

また、任天堂がハンドヘルド機にその機能を搭載したのは、3D TVなどと違いユーザーと画面の間の距離を一定で保つことができ、現在の技術でも3Dメガネを着用することなく高品質な3D体験を提供することが可能なためだということです。

しかし3D立体視を今後の任天堂ハードの主要な機能として提供していくわけではなく、将来的には小さな要素の一つとして続けていくだろうと語っています。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  2. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  3. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  6. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  7. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  8. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  9. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  10. キデイランドにて「カービィのプププなサマーキャンペーン」8月27日開催、キュートすぎる新グッズが登場

アクセスランキングをもっと見る

page top