人生にゲームをプラスするメディア

『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』消化率は80.17%、予約本数は128.6万本

ゲームビジネス 市場

メディアクリエイトによると、ニンテンドーDSソフト『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』の初週消化率が80.17%であることが明らかとなりました。

6月23日に発売された『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト』ですが、昨日お伝えした通り発売2日間で156万本を売り上げ、2012年一番の販売本数を記録しました。内訳は『ポケットモンスター ブラック2』が81.7万本、『ポケットモンスター ホワイト2』が74.5万本。

2010年9月18日に発売された『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』の255.8万本程の勢いは無く、2006年9月28日に発売された『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』の初週158.9万本とほぼ同規模の数字になっています。

初週消化率で見てみると、『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』が80.17%であるのに対し、『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』は87.65%であることから、前作より下回っています。また、予約数に関しては128.6万本。こちらも過去最高記録の前作188.2万本には及ばず、歴代シリーズ作で2番目の数字となりました。

数字が前作程伸びなかった要因として、メディアクリエイトは「今作はタイトルに初めて『2』と冠したことで、どういった位置づけの商品なのかユーザーに分かりにくかった可能性があること」「前作ほどユーザーにとって引きの強い早期購入特典がなかった」などを挙げています。

前作は発売日から1ヵ月間限定で「リバティチケット」と言う幻のポケモン「ビクティニ」に出会えるアイテムが配信されており、これが購入意欲を高める要因にもなっていました。対して本作は映画館で配信されるポケモンが受け取れる程度に留まっています。

しかし、今回はこれまでの9月から3ヶ月早い発売と言うことで、今後どれだけ数字を伸ばすかに注目が集まります。

(C)2012 Pokemon.
(C)1995-2012 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
(C)Pokemon
(C)2012 ピカチュウプロジェクト
《まさと》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  2. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  3. 【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

    【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

  4. VR体験を拡張させるアーケード筐体「VR SENCE」が発表―『無双』などの対応タイトルも

  5. 【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

  6. ガンダムVR『ダイバ強襲』が関西へ! モビルスーツ同士の戦いを間近すぎる距離で体感

  7. カジュアルゲーム世界最大手・ポップキャップゲームズに聞く『ビジュエルド伝説』と同社の戦略

  8. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

  9. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  10. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

アクセスランキングをもっと見る