人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2012】米ゲーム市場は3年連続マイナス ― 国産は『ポケモン』のみTOP20入り

ゲームビジネス 市場

ポケットモンスター ブラック・ホワイト
  • ポケットモンスター ブラック・ホワイト
  • ポケットモンスター ブラック・ホワイト
米エンタテインメント・ソフトウェア協会が発行する「エッセンシャル・ファクト2012」によると、2011年の米コンソールゲーム市場が88億ドル(約7500億円)と、前年対比93%(94億ドル)に留まったことが分かりました。

2008年の117億ドル(約1兆円)をピークに、3年連続でマイナス成長となります。一方でソーシャルゲームやiPhoneアプリなどのデジタル流通市場は73億ドル(約6200億円)と前年対比110%(68億ドル)のプラス成長となりました。それでもコンソールゲームとPCゲームのパッケージ流通の縮小を補いきれず、総額で166億ドル(約1兆4千億円)と前年対比98%(169億ドル)となりました。

ゲームソフトランキング・トップ20では、『コール オブ デューティ モダンウォーフェア3』(アクティビジョン)が1位、『JUST DANCE 3』(ユービーアイソフト)が2位を記録しました。

一方で国産ゲームは『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』(ポケモン)が11位と15位にランクインした他は圏外となりました。

2010年は『New スーパーマリオブラザーズWii』(任天堂)の4位を筆頭に、国産ゲームが合計8本ランクインしましたが、2011年は激減したことになります。

ジャンル別の販売本数ではアクション(19%)、シューター(18.4%)、スポーツ(14.8%)、ファミリーエンタテインメント(11%)、アドベンチャー(9.5%)となっています。またレーティングではエブリワン(6歳以上)が39.3%だったのに対して、マチュア(17歳以上)が26.5%、ティーン(13歳以上)が17.4%、エブリワン10+(10際以上)が16.5%となりました。

テレビゲームの平均購入年齢は35歳、うち53%が男性で47%が女性となっています。

■ゲームソフトランキング・トップ20(個数ベース)
1:コール オブ デューティ モダンウォーフェア3(マチュア)
2:JUST DANCE 3(エブリワン10+)
3:マッデン NFL 12(エブリワン)
4:The Elder Scrolls V: Skyrim(マチュア)
5:バトルフィールド3(マチュア)
6:コール オブ デューティ ブラックオプス(マチュア)
7:バットマン アーカムシティ(ティーン)
8:Gears of War 3(マチュア)
9:JUST DANCE 2(エブリワン)
10:アサシンクリード リベレーションズ(マチュア)
11:ポケットモンスター ホワイト(エブリワン)
12:ズンバフィットネス:ジョイン・ザ・パーティ(エブリワン)
13:NBA 2K12(エブリワン)
14:レゴスターウォーズ3:ザ・クローンウォーズ(エブリワン10+)
15:ポケットモンスター ブラック(エブリワン)
16:NBA 2K11(エブリワン)
17:モータルコンバット2011(マチュア)
18:マイケルジャクソン ザ・エクスペリエンス(マチュア)
19:NCAA フットボール 12(エブリワン)
20:LAノワール(マチュア)
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  2. 剣や盾を振り回すVRアクション『CIRCLE of SAVIORS』10月1日に体験会が開催決定!「HTC Vive」プレゼント企画も

    剣や盾を振り回すVRアクション『CIRCLE of SAVIORS』10月1日に体験会が開催決定!「HTC Vive」プレゼント企画も

  3. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  4. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  5. 【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

  6. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  7. 【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

  8. 「高額」「酔い」の不安残るもVR機器はゲーマーの期待度大…海外調査報告

  9. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  10. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

アクセスランキングをもっと見る

page top