人生にゲームをプラスするメディア

CEDEC 2012、今年のテーマは「エンターテインメント・ダイバーシティ」

ゲームビジネス その他

コンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2012」運営委員会は、CEDEC 2012のテーマが「エンターテインメント・ダイバーシティ(Entertainment Diversity)」に決定したと発表しました。

CEDECは、ゲームや映像コンテンツなどを含むコンピュータエンターテインメントの開発・研究に携わるプロフェッショナル、および関連するビジネスに従事している人たちを対象としたイベントです。「CEDEC 2012」は、2012年の8月20日(月)~22日(水)までの3日間、パシフィコ横浜で開催される予定です。

「ダイバーシティ」とは、“多様性”“相違点”の意味。単体またはさまざまな事象の集合体が持つ個性の違い=多様性を価値として活かし、競争力の強化につなげようと言う考え方です。CEDECでは、コンピュータエンターテインメントのさまざまな多様性を、発展の源泉として積極的に活かしていくことを標榜するため、今年のテーマを「エンターテインメント・ダイバーシティ」に決定したとしています。

ちなみに昨年のテーマは「Cross Border」で、他の分野の人や技術などの垣根を越えて、エンターテインメントと交わることを表明したものでした。

なお、6月20日(水)からCDEC公式ウェブサイトでは、CEDEC 2012の受講申し込みを開始。早期申し込み割引などの特典が用意されているとのことです。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

    VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  2. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

    【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  5. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  6. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  7. GOTYは『DARK SOULS III』に!「Golden Joystick Awards 2016」受賞作品発表

  8. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  9. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  10. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

アクセスランキングをもっと見る