人生にゲームをプラスするメディア

即席チームが短時間でゲーム開発、「福島GameJam in 南相馬 2012」開催決定

ゲームビジネス 人材

国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)と福島県南相馬市は、ゲーム開発イベント「東北ITコンセプト 福島GameJam in 南相馬2012」を8月4日~5日に開催すると発表しました。

「GameJam」は、会場に集まった参加者が少人数からなるプロ・アマ混合の即席チームを構成し、短時間でゲームを開発するイベント。アマチュアの開発者が、プロの開発手法を直接的に学ぶことができるとともに、ゲームを作る楽しさが体感できるイベントとして、2011年にも開催されています。

IGDA日本では、復興支援や被災地からのメッセージ発信といった狙いとともに、プロジェクト全体を通して、メイン会場となる南相馬市を中核に、広域ITクラスター形成の可能性を探る「東北ITコンセプト」の具現化に向けた行動を進めていきたいとしています。

会場は福島県南相馬市にある「市民文化会館 ゆめはっと」で、参加者は60名程度。
(東京のゲームクリエイター等30名・東北地域の学生等30名の計10チームを想定)

■開催スケジュール(予定)
・8月3日(金曜)
22:00 東京参加者(40名)・東京都内集合
24:00 東京参加者・大型バスで出発

・8月4日(土曜)
早朝:福島県相馬市到着 現地視察(東京参加者)設営作業開始
8:00 東北参加者(40名)・福島県郡山市集合・大型バスで出発
10:00 現地到着
11:00 「福島GameJam」オープニング
チーム分け、テーマ発表、各チーム企画案作成開始
USTREAMを通じた世界中継番組を開始(番組制作BaNyaK)
12:00 各チーム順次制作開始

・8月5日(日曜)
17:00 「福島GameJam」制作タイム終了(スタートから30時間)
17:30 開発ゲームのプレゼン会準備、完成ゲームのインターネット配信開始
18:00 プレゼン開始
19:00 プレゼン終了、撤収作業開始
19:30 東北参加者・帰路出発 現地出発→東北
24:00 東京参加者・帰路出発(6日早朝都内解散)

なお、東京、福岡、台湾などのサテライト会場での同時開催も計画中とのこと。参加者は事前に参加確認書の送付が必要となります。
(未成年者は親権者の同意が必須)
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

    【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  2. 【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

    【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

  3. 『TGS2016』『ブレイブウィッチーズ VR』で空を飛ぶ「雁淵ひかり」を真後から見つめてみた

    『TGS2016』『ブレイブウィッチーズ VR』で空を飛ぶ「雁淵ひかり」を真後から見つめてみた

  4. 【TGS2016】『バイオハザード』と「L'Arc-en-Ciel」夢の融合!S.T.A.R.S.隊員hydeをVRで堪能

  5. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  6. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  7. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  8. 【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

  9. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  10. 新型PS4とVRを軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート

アクセスランキングをもっと見る

page top