人生にゲームをプラスするメディア

即席チームが短時間でゲーム開発、「福島GameJam in 南相馬 2012」開催決定

ゲームビジネス 人材

国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)と福島県南相馬市は、ゲーム開発イベント「東北ITコンセプト 福島GameJam in 南相馬2012」を8月4日~5日に開催すると発表しました。

「GameJam」は、会場に集まった参加者が少人数からなるプロ・アマ混合の即席チームを構成し、短時間でゲームを開発するイベント。アマチュアの開発者が、プロの開発手法を直接的に学ぶことができるとともに、ゲームを作る楽しさが体感できるイベントとして、2011年にも開催されています。

IGDA日本では、復興支援や被災地からのメッセージ発信といった狙いとともに、プロジェクト全体を通して、メイン会場となる南相馬市を中核に、広域ITクラスター形成の可能性を探る「東北ITコンセプト」の具現化に向けた行動を進めていきたいとしています。

会場は福島県南相馬市にある「市民文化会館 ゆめはっと」で、参加者は60名程度。
(東京のゲームクリエイター等30名・東北地域の学生等30名の計10チームを想定)

■開催スケジュール(予定)
・8月3日(金曜)
22:00 東京参加者(40名)・東京都内集合
24:00 東京参加者・大型バスで出発

・8月4日(土曜)
早朝:福島県相馬市到着 現地視察(東京参加者)設営作業開始
8:00 東北参加者(40名)・福島県郡山市集合・大型バスで出発
10:00 現地到着
11:00 「福島GameJam」オープニング
チーム分け、テーマ発表、各チーム企画案作成開始
USTREAMを通じた世界中継番組を開始(番組制作BaNyaK)
12:00 各チーム順次制作開始

・8月5日(日曜)
17:00 「福島GameJam」制作タイム終了(スタートから30時間)
17:30 開発ゲームのプレゼン会準備、完成ゲームのインターネット配信開始
18:00 プレゼン開始
19:00 プレゼン終了、撤収作業開始
19:30 東北参加者・帰路出発 現地出発→東北
24:00 東京参加者・帰路出発(6日早朝都内解散)

なお、東京、福岡、台湾などのサテライト会場での同時開催も計画中とのこと。参加者は事前に参加確認書の送付が必要となります。
(未成年者は親権者の同意が必須)
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

    【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

  2. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

    VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  3. 「Oculus Rift」DRM機能からハードウェアチェックが削除…今後も使用しないと明言

    「Oculus Rift」DRM機能からハードウェアチェックが削除…今後も使用しないと明言

  4. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  5. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  6. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  7. 「EA Play」カンファレンス現地レポ―E3を離脱したEA新戦略、『BF1』熱に圧倒!

  8. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  9. 【昨日の人気記事チェック】Wiiでの運動はスポーツの代わりにはならない―英大学研究(12月21日)

  10. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

アクセスランキングをもっと見る

page top