人生にゲームをプラスするメディア

テイクツーが2012年度決算を発表、赤字転落も今期は『Max Payne 3』『GTA V』『BioShock』『Borderlands』など主力が揃う

ゲームビジネス 市場

「2K Games」「Rockstar Games」などのブランドを傘下に持つ米テイクツー・インタラクティブが発表した2012年3月期の業績は、売上高が8億2580万ドルで、『レッド・デット・リデンプション』があった前年の11億3690万ドルを下回り、営業損失8420万ドル、純損失は1億0770万ドルとなりました。

前期の主要タイトルでは『L.A. Noire』、『NBA 2K12』、『Duke Nukem Forever』などがありました。デジタル分野の売上は他のパブリッシャーと同様に増加していて、全体売上の13%となっています(前年は9%)。

CEOのStrauss Zelnick氏は「業績は残念なものでしたが、『L.A.Noire』など業界のスタンダードを築く作品を送り出すことができた」と振り返り、今期については「『Max Payne 3』の成功から始まることは間違いなく、テイクツーの歴史上最も良い一年になるのではないか」と述べています。

今期の主要タイトルは米国で6月1日に発売される『Max Payne 3』のほか、『Spec Ops: The Line』(6月26日)、『Borderlands 2』(9月18日)、『NBA 2K13』(10月2日)、『XCOM: Enemy Unknown』(10月9日)、『BioShock Infinite』(2月26日)、『Grand Theft Auto V』(今期)、『XCOM』(2014年度)となっています。売上高は1億7500万ドル~1億8500万ドルと主力タイトルが揃うことから今期を大きく上回る計画です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  2. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

    【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  3. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

    【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  4. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  5. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  6. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  7. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  8. 【CEDEC 2014】ゲームの楽しさは計測できるのか? ゲーム開発者と学術研究者が語り合った

  9. 日本初(?)のUnreal Engine 4を使ったモバイルゲームをたった一人で開発 『ダンジョン&バーグラー』のヒストリアを直撃

  10. 舞台「龍が如く」桐生一馬「応龍の刺青」ビジュアルが公開、Web限定CMも

アクセスランキングをもっと見る

page top