人生にゲームをプラスするメディア

KLab、コンプガチャ指導があれば「従う」・・・売上への影響は5%以下との見方

ゲームビジネス 市場

プレスリリース
  • プレスリリース
  • コンプガチャ、テーマガチャを導入した同社タイトル
消費者庁がコンプガチャの規制に乗り出す方針と伝えられた件について各社は沈黙を保っていましたが、KLabが14時20分に「消費者庁によるコンプリートガチャ中止要請報道について」とのプレスリリースを発表。初めて見解を明らかにしました。

同社は報道について「所謂"コンプガチャ"と呼ばれるシステムも様々であり、その定義は定かではありません。"コンプガチャ"の中にも景品表示法が禁ずる"カード合わせ"に該当するものとそうでないものが存在すると考えられ、現時点において、どのような"コンプガチャ"が"カード合わせ"に該当するのか定かではありません」とコメント。

KLabでは『恋してキャバ穣』『真・戦国バスター』『テイルズ オブ キズナ』『キャプテン翼モバイル』など全タイトルで、コンプガチャもしくは、10アイテム以下のアイテムで構成され揃った際に報酬を付与するテーマガチャと同社が呼ぶシステムを導入しています。

仮にコンプガチャ等に中止要請があった場合には「全面的に従う」として、既に改修の検討に着手。ゲームそのものを停止するのではなく、ゲームシステムに改修を加えることで景品表示法に抵触する可能性を排除したいとしています。

コンプガチャの売上の算出は難しいものの、同社によればコンプガチャを導入することで売上が15%程度向上したとのこと。これが禁止された場合には売上が減少することになりますが、それに代わるシステムを導入することで売上の下落をある程度防げるとして、影響は5%以下ではないかとしています。また、KLabのゲームはコンプガチャへの依存が低いもので、依存度の高いゲームから同社製ゲームへの流入も期待でき、良い影響もあるのではないかとしています。

業績予想については、プラス面とマイナス面の両面が考えられ、平成24年8月期業績に与える影響は不明としています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  2. 日本初の“VR専門”教育機関「VRプロフェッショナルアカデミー」登場、入学金・授業料は無料

    日本初の“VR専門”教育機関「VRプロフェッショナルアカデミー」登場、入学金・授業料は無料

  3. 「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

    「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

  4. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  5. いまゲーム業界で求められる人材とは?・・・テクノブレーンに聞く「できるエンジニア」の転職条件

  6. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  7. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  8. ジョイポリスの“実際に歩ける”VRアトラクションは7月23日オープン!ゾンビから拠点を守るリアルFPS

  9. 【レポート】PSVR『アイドルマスターシンデレラガールズ ビューイングレボリューション』身長190cmになって全力でペンライトを振ってみた

  10. 【TGS2016】角川ゲームス、『スターリーガールズ』を台湾・香港・マカオでもリリースすることを発表!

アクセスランキングをもっと見る

page top