人生にゲームをプラスするメディア

【ニコニコ超会議】ミクさんマジ天使!『NEXT HATUNE MIKU Project DIVA(仮称)』世界最速プレイレポートをお届け

ソニー PSV

千葉の幕張メッセではいよいよ「ニコニコ超会議」がスタートとなった。ほとんどのネットカルチャーが集まったこの催しは、コスプレアリ、アルパカアリ、痛車アリ、美味しい匂いアリのなんでもOKな空間には歩いているだけでカナリ刺激的だ。

さて、今回ソニー・コンピュータエンタテイメントジャパン(SCEJ)のブースでは、今夏に発売される『NEXT 初音ミク』のPS Vita版が世界初出展。もちろん入場してすぐに遊んできました!

試遊時間は1人5分、これは“1曲ちょっと”が遊べる時間設定となっています。曲は「キャットフード」と「ワールズエンド・ダンスホール」の2つから選べ、難易度もEASYとNOMALから自由に選ぶことができます。

■音質、グラフィックともに文句ナシ!
前作を遊んでいながらも「ワールズエンド・ダンスホール」のEASYをまずはプレイすることに。イントロが初めからバンッ!と入ってくるこの曲、その音が突き抜けた!この音質のクリア感にはさすが最新機というところ。そして次に飛び込んでくるのはグラフィック。おお、これは先日の「ミク日感謝祭」を彷彿とさせる神々しいお姿。前作に比べると全体的に光沢が増し、動きも表情も色彩感もダンチで向上しています。もちろん一緒に躍るルカさまもセクシーです。

■☆マークは画面をタッチして!
操作感は前作と同様、画面上に飛んでくるメロディアイコンがターゲットと重なる瞬間に押していきます。近作ではそれに加えて星のマークが新たに加わり、これはメロディアイコンがターゲットと重なる瞬間に画面をスクラッチすることで成功します。これはサッと親指で画面をなで上げるだけでOK。連続したスクラッチがきたら、スクラッチの名のとり上下に指を動かすとスムーズにいきそうです。画面のどこを触ってもいいので、ミクさんのアップになったときはぜひ頭をスクラッチすることをオススメしたい(判定には関係ありません)!

■押して、触って、成功すればドンドン演出がハデになる!
プレイをしていると「チャンスタイム」というのがやってくる。一定条件を満たすことで映像の演出が変化するとのことだが、今回の「ワールズエンド・ダンスホール」では紙吹雪の有無やバックダンサーの数が変化するそうです。サイケな色彩感が楽曲に合わせてどんどん高まっていく感じは、ミクさん主演の映画やライブを見ているような感覚。試遊終了の感想は、5分のお別れは早いよミクさん!といったところ。

そんな相変わらず天使なミクさんが見ることができるPS Vita版『NEXT HATUNE MIKU Project DIVA(仮称)』は8月30日発売予定。価格は7,329円(税込)となっています。

(C)SEGA
(C)Crypton Furure Media, Inc.
《きゃんこ》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『ニーア オートマタ』パッチ1.06を配信―主に進行不可のバグの修正

    『ニーア オートマタ』パッチ1.06を配信―主に進行不可のバグの修正

  2. 『フォトカノ』『レコラヴ』の将来は心配不要 ─ ディンゴ営業停止に対し杉山Pがコメント

    『フォトカノ』『レコラヴ』の将来は心配不要 ─ ディンゴ営業停止に対し杉山Pがコメント

  3. 『閃乱カグラ PBS』に『DOA Xtreme3』キャラが登場!「マリー・ローズ」「ほのか」が初参戦するほか“濡れ透けアイテム”も

    『閃乱カグラ PBS』に『DOA Xtreme3』キャラが登場!「マリー・ローズ」「ほのか」が初参戦するほか“濡れ透けアイテム”も

  4. 【レポート】『FFXV』コラボも明らかに!『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』完成発表会

  5. ディンゴが制作を手がけるPS Vitaソフト『ラブライブ! スクールアイドルパラダイス』発売日は来年5月に

  6. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  7. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  8. 『ニーア オートマタ』バージョン1.05配信―一部クエストが進行不可になる不具合を修正

  9. 『DARK SOULS III』DLC第2弾「THE RINGED CITY」プレイレポ―輪の都で竜に挑み、最果ての砂漠で黄昏れる

  10. 『ドラクエXI』PS4と3DSで、それぞれ2つの戦闘モードを用意! 新キャラ2名もお披露目に

アクセスランキングをもっと見る