人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、従来予想は上回るものの上場以来の赤字決算・・・営業損失373億円

ゲームビジネス その他

任天堂が26日発表した平成24年3月期の通期業績は、売上高6476億5200万円(前年同期比△36.2%)、営業損失373億2000万円(-)、経常損失608億8300万円(-)、純損失432億0400万円(-)と上場以来の通期赤字決算となりました。ただし想定よりも円安に振れたため、従来予想は上回りました(営業損失450億円を予想)。

主力であるニンテンドー3DSは値下げや年末商戦での大型タイトルの投入により販売台数が1353万台となり、国内でも史上最速で500万台を突破しました。ただし、ソフトは当初の出遅れをカバー出来ず、全世界で3600万本に留まりました。また、発売から5年が経過したWiiはハードが984万台に留まる一方、ソフトは1億237万本と堅調。利益面では両ハードの値下げや流通在庫の補償、円高の影響により上場以来の赤字決算となりました。なお、為替差損は277億円発生したとのこと。

今期は、値下げにより逆ざやとなっている3DS本体の採算が今期半ばには取れるようになると予測。『Newスーパーマリオブラザーズ2』や『とびだせ どうぶつの森』などの人気タイトルの新作を投入するほか、年末にはWii Uを日米欧を中心にリリース予定。

業績予想については、第2四半期(累計)で売上高2300億円、営業損失250億円、経常損失300億円、純損失200億円。通期では売上高8200億円、営業利益350億円、経常利益350億円、純利益200億円と、下期からは業績は回復に向かうとの予想です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  5. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  6. 『TGS2016』『ブレイブウィッチーズ VR』で空を飛ぶ「雁淵ひかり」を真後から見つめてみた

  7. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  8. 腕だけで操作する『パックマン』誕生、ウェアラブル玩具向けフィットネスアプリとして

  9. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  10. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

アクセスランキングをもっと見る