人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、従来予想は上回るものの上場以来の赤字決算・・・営業損失373億円

ゲームビジネス その他

任天堂が26日発表した平成24年3月期の通期業績は、売上高6476億5200万円(前年同期比△36.2%)、営業損失373億2000万円(-)、経常損失608億8300万円(-)、純損失432億0400万円(-)と上場以来の通期赤字決算となりました。ただし想定よりも円安に振れたため、従来予想は上回りました(営業損失450億円を予想)。

主力であるニンテンドー3DSは値下げや年末商戦での大型タイトルの投入により販売台数が1353万台となり、国内でも史上最速で500万台を突破しました。ただし、ソフトは当初の出遅れをカバー出来ず、全世界で3600万本に留まりました。また、発売から5年が経過したWiiはハードが984万台に留まる一方、ソフトは1億237万本と堅調。利益面では両ハードの値下げや流通在庫の補償、円高の影響により上場以来の赤字決算となりました。なお、為替差損は277億円発生したとのこと。

今期は、値下げにより逆ざやとなっている3DS本体の採算が今期半ばには取れるようになると予測。『Newスーパーマリオブラザーズ2』や『とびだせ どうぶつの森』などの人気タイトルの新作を投入するほか、年末にはWii Uを日米欧を中心にリリース予定。

業績予想については、第2四半期(累計)で売上高2300億円、営業損失250億円、経常損失300億円、純損失200億円。通期では売上高8200億円、営業利益350億円、経常利益350億円、純利益200億円と、下期からは業績は回復に向かうとの予想です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スポーツ選手用VRトレーニングツール登場…第1弾のテーマは「野球」

    スポーツ選手用VRトレーニングツール登場…第1弾のテーマは「野球」

  2. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  3. 元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

    元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

  4. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  5. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  6. 「管コレ」を手かげるマッドサイエンティストJHに突撃インタビュー!その思想と原点を訊いた(前編)

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  9. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

  10. VRコントローラー「Oculus Touch」をどう使う? 違和感ない操作をOculusのエンジニアがアドバイス

アクセスランキングをもっと見る

page top