人生にゲームをプラスするメディア

MobageとGREEの課金率、年代が高まるほど上昇

ソーシャル・オンラインゲーム ソーシャルゲーム

課金率
  • 課金率
  • 年代別課金率
  • キャリア別課金率
  • 他サイト別課金率
  • MobageとGREEの相互登録率
 シード・プランニングは17日、Mobage・GREEのスマートフォンゲームユーザー行動調査の結果を改めて公表した。調査期間は2011年12月で、Mobage、GREEのゲーム利用経験のあるユーザー各400サンプル(10代~40代の4世代を各100人ずつ)から回答を得た。

 それによると、年代別課金率、キャリア別課金率、他サイト別課金率、MobageとGREEの相互登録率などにおいて、それぞれ特徴が見られたという。まず、Mobageユーザーで、お金を「支払う」割合は、全体の20.8%、GREEユーザーは全体の17.3%となり、Mobageのほうが課金率が高い傾向がみられた。またMobageユーザーでは、「支払う」と回答した男性が60%と上回ったが、GREEユーザーでは、男性51%となり男女間の差がほとんど見られなかった。ちなみに、MobageユーザーのGREEに登録している割合は、女性のほうが男性よりも大きい。一方で、GREEユーザーのMobageに登録している割合は、男性のほうが、女性よりも大きかった。

 年代別では、Mobageユーザー、GREEユーザーとも、高年齢層ほど課金率が高まる傾向が見られた。Mobageでは、もっとも課金率の高い40代と、もっとも低い10代の間で16.2ポイントの差が、GREEでは、もっとも課金率の高い30代と、もっとも低い10代の間で7.5ポイントの差が出ている。Mobageユーザーは、GREEに登録している割合は、40代が、他の年代よりも少ない。一方GREEユーザーのMobageに登録している割合は、20代がもっとも少ないが、他の年代と比べてそれほど差異はないとのこと。

 キャリア別課金では、Mobage・GREEともにNTTドコモの課金率が高い。Mobageでは、もっとも課金率の高いNTTドコモと、もっとも低いau/KDDの間で3.6ポイントの差が、GREEではNTTドコモとau/KDDIの差が3.3ポイントあった。

 Mobage、GREEのユーザーが、スマートフォンで提供される他のゲームを利用する割合は、Mobageのユーザーが36.5%、GREEの利用者が34%である。また、その課金率は、Mobageユーザーは26%、GREEユーザーは31.4%となった。Mobageユーザー(直近1か月以内にMobageゲームのみを利用)のうち、GREEに登録しているユーザー(IDは持っているユーザー)は、40.1%。同条件のGREEユーザーのMobage登録率は30.5%だった。

MobageとGREEの課金率、年代が高まるほど上昇、キャリア1位はドコモ……シードP調べ

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  2. Steam版『ニーア オートマタ』ストアページ公開―2Bの目があのバルブに!?

    Steam版『ニーア オートマタ』ストアページ公開―2Bの目があのバルブに!?

  3. 『超銀河船団∞ -INFINITY-』観測史上最大級の宇宙怪獣が襲来!大型アップデート「エクスワープ」新情報も

    『超銀河船団∞ -INFINITY-』観測史上最大級の宇宙怪獣が襲来!大型アップデート「エクスワープ」新情報も

  4. DMM GAMES、新作『社にほへと』発表!歴史ある神社を擬人化した「社巫娘」と共に戦うPCブラウザゲー

  5. 爆乳バトル三度PCへ!『閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS』Steam版3月発売決定―海外発表

  6. 『社にほへと』事前登録者数が6万人突破!丹下桜がCVを担当するキャラの情報も公開

  7. 『超銀河船団∞ -INFINITY-』正式サービス開始、Aランク確定のガチャキャンペーンなども

  8. 『ニーア オートマタ』Steam版発売日が3月17日に決定!動作環境も公開

  9. 『モンスターハンター フロンティア』、「シーズン9.0“瀑突、グレンゼブル”」新武器と新武具が遂に判明

  10. 『超銀河船団∞ -INFINITY-』ニコ生が19日21時より実施、明坂聡美・伊達朱里紗がゲスト出演

アクセスランキングをもっと見る