人生にゲームをプラスするメディア

『鉄騎』並みのフライトゲーム専用コントローラーが登場

ソーシャル・オンラインゲーム PCゲーム

設置イメージ(操縦桿、計器などは別売です。)
  • 設置イメージ(操縦桿、計器などは別売です。)
  • フレームラック
  • モニタースタンド
  • 『鉄騎』並みのフライトゲーム専用コントローラーが登場
  • 『鉄騎』並みのフライトゲーム専用コントローラーが登場
マッドキャッツ(Mad Catz)は、フライトシムブランドSaitek Pro Flightシリーズの「Saitek Pro Flight Simulator Cockpit Shell(サイテック プロフライト シミュレーター コックピット シェル)」を11月28日に発売します。

この「Cockpit Shell」は、航空機の操縦席が再現できる専用フレームラックで、同社の無線操作パネル「Radio Panel」、フラップなどを調整できる「Multi Panel」、計器スイッチの「Switch Panel」、計器情報を表示する「Backlit Information Panel」、多目的計器パネル「Instrument Panel」が装着できます。

さらに、モニタースタンドを用いて32型までのディスプレイをラックの後ろ側に設置できる他、同社の操縦輪「Yoke System」と「Cessna Yoke System」に対応。なお、本商品はフレームのみです。



■製品名: Saitek Pro Flight Simulator Cockpit Shell(サイテック プロフライト シミュレーター コックピット シェル)
■型番: MC-CKPT
■本体サイズ: (幅×奥行×高さ)mm
■コックピット フレーム: 840 x 400 x 185mm
■モニタースタンド: 840 x 265 x 317mm
■本体重量: 14.2kg
■色: ブラック
■取り付け可能機器: フレームラック部
・Saitek Pro Flight Instrument Panels (10台まで)(型番: MC-INSP)
・Saitek Pro Flight Radio Panel(2台まで)(型番: MC-RADP)
・Saitek Pro Flight Multi Panel (型番: MC-MULP)
・Saitek Pro Flight Switch Panel(型番: MC-SWIP)
・Saitek Pro Flight Backlit Information Panel(BIP)(型番: MC-BIP)
・モニタースタンド: フラットモニター(32インチ以下)
■必要システム: 厚さ7.6cm以下の固定用デスク等
■付属品: モニタースタンド、デスク固定用クランプ2個、USBケーブル整頓用デカール、インストゥルメントパネルデカール、組立て用図面(英語)
■パッケージサイズ (幅×奥行×高さ): 920 x 435 x 451mm
■パッケージ重量: 18.7kg
■希望小売価格: 267,840円(税込)
■発売日: 2014年11月28日
■保証期間: 3ヶ月

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. SNSで“プレイヤーの性格を武器にする”3DACT『Last Standard』がSteam Greenlightに登場

    SNSで“プレイヤーの性格を武器にする”3DACT『Last Standard』がSteam Greenlightに登場

  2. 『エルダー・スクロールズ・オンライン』最新アプデ「ホームステッド」は2月6日に日米同時配信!

    『エルダー・スクロールズ・オンライン』最新アプデ「ホームステッド」は2月6日に日米同時配信!

  3. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  4. 『刀剣乱舞』新刀剣男士「千子村正」の登場が1月末に前倒し! 2周年トークショーで急遽決定

  5. 新エンディングが追加された『青鬼 2016』、AndAppにて配信…ハッカドールとのコラボも

  6. 『ルーセントハート』2017年4月26日にサービス終了…8年を超えて歩み続けたMMORPG

  7. 【レポート】競馬とは、相撲とはいったい…JRA×日本相撲協会「日本スモウダービー」がカオス

  8. 話題の『ヤンデレシミュレーター』をやってみた…物理的にライバルを排除する恋愛ACT

  9. 深層Webで謎のホラーゲーム『Sad Satan』が発見される…作者や制作意図は一切不明

  10. 【特集】『Wallpaper Engine』の使い方―Steamで人気の“動く壁紙”作成ソフト

アクセスランキングをもっと見る