人生にゲームをプラスするメディア

ダンボール戦機2013年欧米で商品展開  欧州でTV放映へ

ゲームビジネス その他

日本で人気の『ダンボール戦機』が、2013年から欧米で本格的に展開する。電通エンタテインメントUSAとバンダイナムコグループは、『ダンボール戦機』の北米を含む地域での玩具分野のマスターライセンス契約を結んだことを発表した。

バンダイアメリカが『ダンボール戦機』のテレビアニを基にした玩具を開発、流通・販売を手掛ける。2013年秋より関連商品を発売する。商品ラインナップの中には、フィギュアやロールプレイングゲーム、乗り物玩具、プラモデルなどが含まれる。

電通エンタテインメントUSAは、米国地域の『ダンボール戦機』のビジネス開発を手掛けている。2011年8月に本作の米国進出を発表していたが、いよいよ事業が姿を現したかたちだ。

バンダイナムコは、これとは別にヨーロッパでの玩具分野のマスターライセンスも獲得している。こちらはテレビ東京と契約した。ヨーロッパでも2013年秋を目途に商品発売を開始する。

また、ヨーロッパでは同時期にテレビ放映も計画している。テレビと玩具の連動を目指すことになる。2013年には、日本と同様の『ダンボール戦機』ブームが欧米で起こるかもしれない。

ダンボール戦機は、日本では2011年4月にテレビアニメをスタート、全44話を放映した。現在は続編シリーズとなる『ダンボール戦機W』が放映されている。小型ロボットである『ダンボール戦機』を通じたバトルを繰り広げる。様々なバリエーションのある『ダンボール戦機』とその玩具も大きな売りだ。

原作は『イナズマイレブン』で大きな成功を収めたゲーム会社レベルファイブが手掛けている。テレビアニメのほかゲームソフトやマンガ、プラモデルのメディアミックスが特徴で、国内では大きな成功を収めている。
《アニメ!アニメ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. Oculus、VR技術巡る裁判でZeniMaxに5億ドルの賠償金支払いへ【UPDATE】

    Oculus、VR技術巡る裁判でZeniMaxに5億ドルの賠償金支払いへ【UPDATE】

  2. あの“ひみつ道具”が実現!? 「ドラえもんVR『どこでもドア』」先行試遊会を開催

    あの“ひみつ道具”が実現!? 「ドラえもんVR『どこでもドア』」先行試遊会を開催

  3. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  4. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  5. CRI、モバイル&スマートフォン向け新ブランド「CRIWARE mobile」を立ち上げ・・・ロゴを公募

  6. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  7. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  8. 『シェンムー3』Kickstarterに新拡張ゴール、「白沙」「鳥舞」「白鹿村」3つのエリアにフォーカス

  9. 「Alienbrain」と画像管理ツールの融合でゲーム開発が「見えるようになる」

  10. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

アクセスランキングをもっと見る