人生にゲームをプラスするメディア

採決延期のSOPA、ゲーム業界団体ESAが支持取り下げ

ゲームビジネス その他

米国のゲーム業界団体Entertainment Software Associationは、SOPA(Stop Online Piracy Act)の支持を取り下げる事を明らかにしました。

SOPAはインターネット上の著作権侵害行為(海賊行為)を防止することを目的とし、侵害行為の行われているウェブサイトを遮断(DNSなどの手段で)するなどを定めるものです。しかしながら「言論の自由」の侵害である、あるいは検索エンジンやCGMサイトで完全なチェックは事実上不可能であるなどの理由から反対運動が広がり、当初支持を表明していた企業や団体が相次いでそれを取り消す事態となりました。

当初予定された審議や採決の日程に合わせて、抗議活動は広がり、Wikipediaが1日閉鎖した事は世界中で大きなニュースとなりました。ゲーム業界でも『Minecraft』がサービスを停止したほか、様々な抗議が行われました。

著作権侵害を防止するという目的はゲーム業界の目指すところと一致しており、ESAは法案を推進してきた立場ですが、developによれば支持を取り下げたようです。

声明によれば法案が運用に大きく依存していることへの懸念が大きかったようです。しかしながら著作権侵害を減少させる有効な手段は業界全体が望むものでもあり「イノベーターとクリエイターによる業界として創造性と技術の両方の自由を維持する重要性を我々は強く認識していて、ESAは引き続き議会、政府、そして全ての関係者が議論を通じて有用な結論を導くことを期待しています」とコメントしています。

SOPA法案は今後修正案が作られ再び議論が行われることになるようです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

    【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  2. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

    IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  3. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

    【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  4. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  5. SIE・吉田修平のTwitterが一時乗っ取られる…『ポケモンGO』を攻撃したグループの犯行

  6. 任天堂は中国などで海賊版との「困難な戦い」を続けます

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. 【GDC2011】任天堂・岩田聡社長が見せた覚悟と開発者へのメッセージ

  9. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  10. 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

アクセスランキングをもっと見る

page top