人生にゲームをプラスするメディア

ハドソン、合併後もブランドは残る

その他 全般

ハドソン ロゴ
  • ハドソン ロゴ
  • いつでもボンバーマン
  • 桃太郎電鉄JAPAN+
ハドソンは、2012年3月1日付けでコナミデジタルエンタテイメントに吸収合併されることを昨日お伝えしましたが、「ハドソン」のブランド自体は残るようです。

ハドソンと言えば、『ボンバーマン』『桃太郎電鉄』『スターソルジャー』『天外魔境』など、20年以上ファンから愛されているIPがあり、最近ではスポーツゲームの『デカスポルタ』がシリーズ化され、好評を得ています。

ハドソンは「合併後もハドソンブランドの商品・サービスは、展開を継続いたしますので、これまでと変わらぬご愛顧を賜わりますようお願い申し上げます」とホームページ上にメッセージを公開しています。

合併後も商品やサービスなど継続していくとのことで、ハドソンブランドを使った新作が出てくることを願いたいですね。
《まさと》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. SFC向け新作格ゲー『ザ・ダークネス・ハンター』対戦の様子を収録したゲーム映像が公開

    SFC向け新作格ゲー『ザ・ダークネス・ハンター』対戦の様子を収録したゲーム映像が公開

  2. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

    ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  3. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』アップデート実施、「ニンテンドースイッチ」ラインナップ映像公開、『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」実装…など(1/18)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』アップデート実施、「ニンテンドースイッチ」ラインナップ映像公開、『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」実装…など(1/18)

  4. 【特集】自販機でジュースを買い、『鉄拳7』をさらに極める方法とは?

  5. 『世界樹の迷宮』10周年! 日向悠二が記念イラストをお披露目

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 話題の狂気ゲーム『Year Of The Ladybug』ってどんなゲームなの?主人公はインテリアデザイナー

  8. 【インタビュー】「最も評価の割れたサバイバルホラーゲーム」を生み出したSWERYが独立、今後の活動や『D4』はどうなるのか

  9. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  10. 【週刊インサイド】狂気のホラー『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラーに興味津々…手のひらサイズの「ファミコン」やD3P新作に迫るインタビューも話題に

アクセスランキングをもっと見る