人生にゲームをプラスするメディア

『AKB48ステージファイター』第1回センター争奪バトルイベント結果発表 ― センターの座に輝いたのは・・・

ソーシャル・オンラインゲーム ソーシャルゲーム

グリーは、フィーチャーフォン向けSNS「GREE」にて配信している「AKB48」のソーシャルゲーム『AKB48ステージファイター』のイベント「第1回センター争奪バトルイベント」の結果を発表しました。

『AKB48ステージファイター』は、「AKB48」のセンターポジション争奪をモチーフとしたソーシャルカードバトルゲームです。ユーザー同士が互いに協力しながら「推しメン」をセンターにすべく、荒廃した世界で拳を交えながら熱いバトル繰り広げます。メンバーがデザインされたカードは現在およそ600種類で、今後も随時追加されていきます。

ゲームならではの世界観や、アニメーションで作られたTVCMなどが話題になった本作の「第1回センター争奪バトルイベント」。12月28日から1月11日まで開催されていた本イベントの結果が発表されました。AKB48のソーシャルゲームにおける初代「センター」の座は、一体誰に輝いたのでしょうか。

■第1回センター争奪バトルイベント 結果発表

【8位】北原里英(チームB)
最上位チーム:チームB推しですよね
獲得オーラ数:106,106

【7位】永尾まりや(チーム4)
最上位チーム:仁義なきヤギ
獲得オーラ数:122,475

【6位】岩佐美咲(チームA)
最上位チーム:わさみん組合1
獲得オーラ数:130,691

【5位】渡辺麻友(チームB)
最上位チーム:チーム渡辺神推し
獲得オーラ数:140,006

【4位】宮澤佐江(チームK)
最上位チーム:さえLover's
獲得オーラ数:160,775

【3位】横山由依(チームK)
最上位チーム:金閣寺よりも輝きたい
獲得オーラ数:177,112

【2位】柏木由紀(チームB)
最上位チーム:チームゆきりん
獲得オーラ数:181,990

上位のオーラ数はかなり接戦だったようですね。ここまでにあなたの「推しメン」はランクインしていましたか?さていよいよ「センター」となる1位の発表です。記事の写真でネタバレ気味ですが、見事1位に輝いたのはこの方でした。

【1位】大島優子(チームK)
最上位チーム:やっぱりぜー(-∀-`)
獲得オーラ数:196,208

『AKB48ステージファイター』の初代センターポジションは大島優子さんに決定です。この結果に基づいて、今後活動が展開されるそうですが、詳細は後日あらためて発表となるようですので、どうぞお楽しみに。

現実の「総選挙」とはかなり違う結果になった本作の「第1回センター争奪バトルイベント」。今後のイベント展開にも注目です。

『AKB48ステージファイター』は、好評サービス中で、価格は基本プレイ無料のアイテム課金制です。

(C)AKS (C)GREE, Inc./エイチーム
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. SNSで“プレイヤーの性格を武器にする”3DACT『Last Standard』がSteam Greenlightに登場

    SNSで“プレイヤーの性格を武器にする”3DACT『Last Standard』がSteam Greenlightに登場

  2. 【TGS2016】『DOAX』シリーズ新作プロジェクト開始が発表!PC向けにDMM GAMESより提供

    【TGS2016】『DOAX』シリーズ新作プロジェクト開始が発表!PC向けにDMM GAMESより提供

  3. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  4. 新エンディングが追加された『青鬼 2016』、AndAppにて配信…ハッカドールとのコラボも

  5. 【特集】『Wallpaper Engine』の使い方―Steamで人気の“動く壁紙”作成ソフト

  6. 『エルダー・スクロールズ・オンライン』最新アプデ「ホームステッド」は2月6日に日米同時配信!

  7. 深層Webで謎のホラーゲーム『Sad Satan』が発見される…作者や制作意図は一切不明

  8. 【Indie Japan Rising】傑作フリーゲーム『魔王物語物語』『ムラサキ』のカタテマが語るゲームデザインと物語

  9. 『ガンダムネットワークオペレーション3』、フルアーマーZZ、ガ・ゾウムなど新たな6機体が登場

  10. 『ぷよぷよ』のプロスポーツ化を目指すクローンゲーム『Magical Stone』資金源の一部はRMTだった

アクセスランキングをもっと見る