最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
2011年年末商戦、ソフト販売本数は前年比減、ハードは健闘

2011年年末商戦、ソフト販売本数は前年比減、ハードは健闘

2012年1月8日(日) 19時00分
  • ニンテンドー3DS アイスホワイトの画像
    ニンテンドー3DS アイスホワイト
  •  の画像
  •  の画像
  •  の画像

メディアクリエイトによると、2011年の年末商戦においてソフトは前年比減となりましたが、ハードでは健闘したことを明らかにしました。

集計データによると、2011年11月21日~2012年1月1日まで(6週)の累計販売本数は1295万3000本で、前年比85.03%と前年より下回る結果に。2011年12月は『マリオカート7』『モンスターハンター3(トライ) G』『ファイナルファンタジーXIII-2』など大型タイトルが発売されたこともあり、4週連続でソフト市場は盛り上がりを見せましたが、2010年の『モンスターハンターポータブル 3rd』(PSP)は年末商戦だけで385万本を記録して総販売本数を底上げしていた為、前年より下回る数字となりました。

また、ハード面では年末年始(2011年12月26日~2012年1月1日)の総販売台数が41万4000台となり、クリスマスシーズンのピークとなる前週から49.06%減と約半数以下まで落ち込みましたが、前年同時期との比較では112.32%となっており、ハード販売面では健闘しました。

■ハード販売台数
3DS:19万7952台
PS3:6万7199台
PSP:6万2746台
PSV:4万2648台
Wii:3万3208台
DSiLL:3356台
Xbox360:2453台
DSi:2418台
PS2:1659台
DS Lite:28台

ハードの販売数増加の理由としては、現行機の減少した分、新ハード(3DS・PS Vita)がカバー。特に『マリオカート7』と『モンスターハンター3(トライ) G』がハードを大きく牽引しました。

(Article written by まさと)

ゲームビジネスアクセスランキング