人生にゲームをプラスするメディア

2011年年末商戦、ソフト販売本数は前年比減、ハードは健闘

ゲームビジネス 流通

ニンテンドー3DS アイスホワイト
  • ニンテンドー3DS アイスホワイト
メディアクリエイトによると、2011年の年末商戦においてソフトは前年比減となりましたが、ハードでは健闘したことを明らかにしました。

集計データによると、2011年11月21日~2012年1月1日まで(6週)の累計販売本数は1295万3000本で、前年比85.03%と前年より下回る結果に。2011年12月は『マリオカート7』『モンスターハンター3(トライ) G』『ファイナルファンタジーXIII-2』など大型タイトルが発売されたこともあり、4週連続でソフト市場は盛り上がりを見せましたが、2010年の『モンスターハンターポータブル 3rd』(PSP)は年末商戦だけで385万本を記録して総販売本数を底上げしていた為、前年より下回る数字となりました。

また、ハード面では年末年始(2011年12月26日~2012年1月1日)の総販売台数が41万4000台となり、クリスマスシーズンのピークとなる前週から49.06%減と約半数以下まで落ち込みましたが、前年同時期との比較では112.32%となっており、ハード販売面では健闘しました。

■ハード販売台数
3DS:19万7952台
PS3:6万7199台
PSP:6万2746台
PSV:4万2648台
Wii:3万3208台
DSiLL:3356台
Xbox360:2453台
DSi:2418台
PS2:1659台
DS Lite:28台

ハードの販売数増加の理由としては、現行機の減少した分、新ハード(3DS・PS Vita)がカバー。特に『マリオカート7』と『モンスターハンター3(トライ) G』がハードを大きく牽引しました。
《まさと》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  3. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  5. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  6. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  7. 【TGS2008】コンパニオンレポート: レベルファイブ

  8. 【レポート】HTCとValveのVR HMD「Vive」新型はどう変わったのか

  9. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  10. 小島秀夫氏、「The Game Awards 2016」でIndustry Icon Award受賞へ

アクセスランキングをもっと見る