人生にゲームをプラスするメディア

カプコン、2012年3月期第2Q決算は減収減益

ゲームビジネス その他

カプコンは、2012年3月期第2四半期連結業績(2011年4月1日〜2011年9月30日)を発表しました。前年同期には大型ソフトの投入が相次いでいたため、その反動で減収減益となりましたが、カプコンによれば、当初の計画を上回る結果とのことです。

それによると、売上高292億52百万円(前年同期比28.1%減)、営業利益27億82百万円(前年同期比29.4%減)、経常利益19億7百万円(前年同期比33.8%減)、四半期純利益9億6百万円(前年同期比49.2%減)となり、減収減益となりました。

コンシューマ・オンラインゲーム事業において、『モンスターハンターポータブル3rd HD Ver.』および『バイオハザード ザ・マーセナリーズ3D』などが底堅い売れ行きを示した他、『スーパーストリートファイターIV アーケードエディション』(プレイステーション3、Xbox 360用)や『戦国BASARA クロニクルヒーローズ』(プレイステーション・ポータブル用)もおおむね計画どおりの販売数となりました。

また、モバイルコンテンツ事業においてはフェイスブックと連動して配信を行った『スマーフ・ビレッジ』が好調に推移しました。同じく投入した『ゾンビカフェ』および『リル・パイレーツ』と合せて2,000万件のダウンロード数を突破したとのことです。

なお、2012年3月期の業績予想については、2011年5月6日決算発表時の業績予想から変更なしとなっています。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

    【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  2. 美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

    美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

  3. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

    暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  4. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  5. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  6. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  7. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  8. 言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

  9. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  10. 『イングレス』は京都をそして世界をつなぐのか?・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第35回

アクセスランキングをもっと見る