人生にゲームをプラスするメディア

【SCEJ Press Conference 2011】NTTドコモの3G回線プランの詳細が明らかに

ソニー PSV

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
ソニーは本日開催した「SCEJ Press Conference」において、PSVitaのデータ通信についてパートナー企業にNTTドコモを決定したことを明らかにしました。発表会ではNTTドコモの辻村清行副社長も登壇し意気込みを語りました。

NTTドコモではPSVita向けに新たなプランとしてプリペイドプランを用意。通信速度はそれぞれ下り128kbps、上り64kbpsの3Gで、980円/20時間および4980円/103時間の2つの料金プランとなります。また、103時間のプランではそのうち3時間は下り14Mbps、上り14MbpsのFOMAハイスピードの通信が利用できます。

PSVitaの3G/Wi-Fiモデルの初回出荷50万台には103時間プラン、限定版(詳細は不明)には20時間プランが予め契約されているUSIMカードが含まれていて、PSVitaの購入者は契約手続きをせずにすぐに3G通信を利用できます。

20時間のプランは1ヶ月、103時間のプランは3ヶ月の利用期限があり、それぞれ期間終了後に設けられている猶予期間14日間の間に専用ウェブサイト(PSVitaからアクセス)にて更新手続きをすることができます。支払いはクレジットカードもしくはドコモ契約を持っていれば「ドコモケータイ払い」も利用できます。一旦この期間を終了し、契約が切れた場合、再度契約する際には契約手数料2100円が必要な他、新たなUSIMカードに切り替えとなるため届くまで1週間程度の期間が必要になります。

また、プリペイドプラン以外のNTTドコモが提供している「定額データプラン」を利用することも可能だとのこと。

PSVitaでは通信機能を大幅に強化。これに対応できるプランをSCEとNTTドコモは協議を続けてきたと辻村氏は語りました。「通信プランを意識せず通信できる環境を整える」ことが課せられた使命でした。結果としてPSVitaの3G/Wi-Fiモデルでは購入してすぐに3G通信が利用できるという利便性あるものになっています。SCEJの河野弘プレジデントも「ハードメーカー、通信キャリア、ゲームメーカーのコラボレーションで新しい体験を実現していきたい」と意気込みを語っていて、期待が高まります。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4システムソフトウェア「4.07」を配信…約3週間ぶりに実施

    PS4システムソフトウェア「4.07」を配信…約3週間ぶりに実施

  2. 海外レビューハイスコア『人喰いの大鷲トリコ』

    海外レビューハイスコア『人喰いの大鷲トリコ』

  3. 『初音ミク Project DIVA FT』追加楽曲パック2ndが12月22日配信決定、各モジュールも続々登場

    『初音ミク Project DIVA FT』追加楽曲パック2ndが12月22日配信決定、各モジュールも続々登場

  4. 『閃乱カグラ PBS』爆乳ウォーターバトルに総勢30名が登場! 雪泉も涙ぐむ最新映像をお届け

  5. 『キングダム ハーツ HD2.8』鮮やかな戦闘シーンから気になる場面の数々まで! ファイナルトレーラーがお披露目に

  6. 『ガンガンピクシーズ』発売日決定! 小さな宇宙人の“女子寮侵入”は2017年3月23日に幕開け

  7. 【PS4 DL販売ランキング】『FINAL FANTASY XV』首位、『タイタンフォール2』も2位へ浮上(12/7)

  8. 『龍が如く6 命の詩。』プロローグが公開、桐生はいかにして広島へ足を踏み入れるようになったのか…

  9. 『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ―無償の愛に心震え、涙が止まらない

  10. 『ニーア オートマタ』体験版が12月22日配信決定、本作のバトルアクションを体験可能

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top