人生にゲームをプラスするメディア

【gamescom 2011】原稿はここで作られる!各国メディアがしのぎを削るプレスルーム

ゲームビジネス 市場

入り口
  • 入り口
  • プレスリリースが並ぶ
  • 各メーカーからのもの
  • gamescomのリリースは各国語版が用意
  • 雑誌も用意
  • 風景
  • オンラインメディアはこちら
  • 立ち席ではないか
地元ドイツのみならず、ヨーロッパ中から沢山のプレスが集まり年末にかけての最新ゲームに触れるgamescom。ということでプレスルームも広いんです。

会場2箇所に用意されているプレスルーム、更に満員になってしまったため、急遽小さな2つの部屋が追加で解放されています。部屋の中にはソファーやテーブルが置かれ、ネットワークも用意されていて、ここから速報を上げられるようになっています。几帳面なドイツの国民性か、テーブルはオンラインメディア/プリントメディアに分かれています。でもオンラインメディアには椅子が無いってどういうこと?

ドリンクのサービスはE3や東京ゲームショウでもある光景ですが、プレスルームの中で食事も販売しているのはgamescomだけです。ラインナップとしてパスタやサンドイッチ、サラダなど。ドリンクではもちろんビールも売ってます(飲みながら仕事をしている人も?)。お腹がすいてはいい仕事はできませんからね、燃料補給は大事です。

プレスルームでは参加各社のプレスリリースや、gamescom自体のイベントスケジュールや各種インフォメーションも配布されています。また、地元のメディアパートナーの雑誌も無料配布されていました。見たことの無い雑誌に興奮、なのですが生憎ドイツ語であり何て書いてあるのかイマイチ分からないんですよね。

というわけでこの原稿はプレスルームで書いてみました。ここで頑張ってる人たちのお陰でバシバシ速報が上がっていくというわけですね。ちなみにビールを飲んでいるのは筆者ではございませんのでご注意を。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『Branching Paths』試写会&座談会レポ―日本のインディーを振り返って

    『Branching Paths』試写会&座談会レポ―日本のインディーを振り返って

  2. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  3. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

    【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  4. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  5. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  6. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. ゲーム×マンガでコンテンツを広める、『ジョーカー~ギャングロード~』の成功の秘密に迫る

  9. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  10. 『バトルフィールド 3』の累計出荷数が1500万本を突破

アクセスランキングをもっと見る

page top