人生にゲームをプラスするメディア

はるきゃんや彩音もかけつけた!『シュヴァリエサーガ タクティクス』発表会

ソーシャル・オンラインゲーム オンラインゲーム

オンラインゲームサイト『ハンゲーム』を手がけるNHN Japanは16日、新作オンラインゲーム『シュヴァリエサーガ タクティクス』(以下シュバリエ)のプレス向け発表会を開催しました。

会場には開発を担当したイメージエポックの御影良衛社長をはじめ、関係者が集結。オフィシャルナビゲーターに就任した「はるきゃん」ことAKB48の石田晴香さんと、主題歌『Crest of Knights』を歌う彩音さんも応援にかけつけました。

■開発に2年以上をかけた大作ブラウザゲーム
『シュヴァリエ』は開発イメージエポック、運営NHN Japanのタクティクス系シミュレーションRPGで、両者の共同出資・共同開発タイトルとなります。冒頭でプロジェクトの指揮を執ったNHN Japanの黒川文雄氏は「イメージエポックの企画力と、弊社のオンラインによる魅力が融合した」とコメント。「NHN Japanの新しいゲームを作っていくことをコンセプトにした」と意気込みを語りました。

また御影社長は「せっかく弊社が作るなら、コンシューマクオリティのモノを作りたいとわがままな提案をしたところ、受け止めてくれた」と振り返り、ブラウザゲームの多くは半年間で作られるが、本作は2年以上かけたと解説。PS3クラスの開発費をかけた壮大な実験で、発表できてうれしさもひとしおだとコメントしました。同社ではPS3版も同時開発しており、スマートフォン版も開発予定にあげています。

続いてNHN Japanの薬師寺健治氏が登壇し、石田晴香さんと彩音さんの起用について解説しました。薬師寺氏は石田さんを「ゲームを理解している子ならたくさんいるが、何度かお会いして、等身大で素直な女の子で、ユーザーと一緒に学びながら、ゲームを盛り上げてくれる子だと思った」と賞賛。彩音さんについては「バトル中心のゲームなので力強さが必要だが、シナリオは寂しげなところもあるので、バラード系が歌える人。CDを聞いて直感で決めた」とコメントしました。


■最大4人まで協力プレーが楽しめる
ゲームの舞台はかつて人と竜が契約を交わし、繁栄を約束された島・ブリガドゥールです。ラーナ聖王国・ルタニアン王国・サンクレスト王国に分かれて平和を謳歌していましたが、大陸の強国ジルベアル王国の流れを汲むルタニアン王国がラーナ聖王国を征服します。プレイヤーは山岳の国サンクレスト王国に落ち延び、13年後に挙兵したラーナ第3王子レウルスの配下として、王国再興を旗印に戦っていきます。

プレイヤーははじめにファイター・ローグ・メイジ・アコライトの4種類からクラスを選択し、自分のアバターを作成。部下ユニットと共にストーリーを進めていきます。初期ステージで登場させられるのは5ユニット程度で、徐々に増えていき、マップによって8~10ユニットを出撃させられます。なお、クラスはアップデートで上級職をはじめ、さらに追加されていく予定です。

また1人用のストーリーモードだけでなく、4人まで協力プレイが楽しめる点も本作の特徴です。この場合は1人につき最大4ユニット、全16ユニットで出撃できます。チャットなどで互いに作戦を立て、巨大な敵を粉砕していく爽快感が味わえるとのこと。一方でゲームの難易度もそれなりに高めだが、「ハーフオート機能」などのサポート機能を使えば、初心者でも迷わずにプレイできるとしています。

このほか、クロースドβテストでは未実装ですが、ギルドを結成したり、攻城戦も楽しめるとのこと。ギルドで城を奪い合うなどのプレイも検討しているそうです。攻撃側は城門を打ち破る破城槌や、高い城壁に立てかけて攻め上る「攻城ラダー」などの専用アイテムを駆使して攻撃。防御側は煮えたぎる油壺を投げかけたり、はしごを蹴って落としたりと、さまざまな攻防が繰り広げられる予定です。

協力プレイの最大4人という制約も「あまり参加人数が多いと、なかなか自分の手番が回ってこないため」という理由からで、システム的には制約を外すことも可能という話がありました。「巨大な敵を何十人もの味方で一斉に攻撃してみたい」(御影社長)との発言もあり、ユニークなイベントも開催されそうです。御影社長からも「ユーザーと一緒になって、ゲームを育てていきたい」と抱負が語られました。

ビジネスモデルは基本プレイ無料のアイテム課金モデルで、課金アイテムについては、まさに今、調整中とのこと。一例としてゲームを進めていくと名声値が獲得でき、これを消費して新規ユニットを獲得する(いわゆるユニットガチャ)が、課金してもOKという方式になるそうです。一方でバトル中は課金アイテムは使用できず、ユニットの体力がゼロになるとバトル中は復活しないとのこと。バトル終了後もユニットのレベルによって復活期間が異なるが、課金アイテムで期間を短縮できる、などのスタイルになるようです。

ディレクターを務めるイメージエポックの東郷真哉氏は「戦闘中に不利になっても、課金アイテムの攻撃魔法を使えば一気に逆転、などではつまらないですよね」と語ります。各ユニットには、さまざまなパラメータが設定されていますが、これも「最強が存在しないキャラクターにするため」とのこと。多彩なパラメータやスキルを組みあわせて、自分だけのスタイルで戦うことができる、戦術の練りがいがあるシミュレーションRPGをめざしているとコメントされました。

■メイジのコスプレで登場したはるきゃんがデモプレイを披露
発表会ではAKB48の石田晴香さんも駆けつけ、オフィシャルナビゲーターの初仕事として、デモプレイを披露しました。「見た目が可愛いから」という理由でメイジのコスプレを身にまとった石田さんは、アバターにもメイジを選択。「ミカゲ」「クロカワ」というファイターを引き連れ、モンスター退治に向かいます。ゲーム初心者で、本作をプレイするのも初めてという石田さんは、周囲の心配をよそに、メイジで肉弾戦に挑戦。雑魚キャラを一層すると、ボスキャラに「メテオ」の魔法を繰り出し、見事撃破しました。

石田さんはプレイ後の感想で「絵が綺麗ですね。特に敵キャラクターがやられるときの仕草がかわいい」と語り、「私みたいな女の子から、子どもや大人の方まで、みんなが楽しめる」とコメントしました。その上で、自分のファンの人でゲームを遊ばない人にも、私を通して遊んでみて欲しいし、自分もまたゲームという新しいジャンルに挑戦していきたい。ナビゲーターとしてゲームをプレイしながら、一緒に成長していきたいと抱負を語りました。

また主題歌「Crest of Knights」を歌う彩音さんは、ゲーム内のプリンセスをモチーフにしたコスチュームに身を包んで登場しました。ステージ上では可愛らしい衣装でしたが、主題歌PVでは凛々しいファイターの姿で出演。歌も力強さや勇ましさを込めて歌ったとコメントしました。8月24日にリリース予定で、初回特典に『シュヴァリエ』の特典用スペシャルアイテムカードが付属するとのことです。

『シュヴァリエ』は1万人限定のクロースドβテストを8月16日~22日まで募集し、25日~27日の3日間で実施する計画です。オープンβテストテストを経て、正式サービスは9月末が予定されています。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. 「LUX × 初音ミク」コラボCM公開!電子の歌姫がスカーレット・ヨハンソンと夢の競演

    「LUX × 初音ミク」コラボCM公開!電子の歌姫がスカーレット・ヨハンソンと夢の競演

  2. 今週発売の新作ゲーム『ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション』『バイオハザード4』他

    今週発売の新作ゲーム『ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション』『バイオハザード4』他

  3. PC版『テイルズ オブ ベルセリア』『ゴッドイーターRE』発表、欧米向けにSteamで配信

    PC版『テイルズ オブ ベルセリア』『ゴッドイーターRE』発表、欧米向けにSteamで配信

  4. 話題の『ヤンデレシミュレーター』をやってみた…物理的にライバルを排除する恋愛ACT

  5. 『超銀河船団∞ -INFINITY-』のリリースが延期に、8月下旬から2016年に変更

  6. 『マインクラフト』次期アップデートで“空飛ぶマント”実装か、開発者が報告

  7. ヒロイン攻略や萌えがない、シナリオ最重視のADV『アルカディアの灯火』配信!楽園をテーマとした2作を収録

  8. 『超銀河船団∞ -INFINITY-』第2弾OBTが本日16時から開催決定、巨大なレイドボスも登場予定

  9. PC版『シャドウバース』DMM GAMESにて配信開始!プレイでカードパックチケットプレゼント

アクセスランキングをもっと見る

page top