人生にゲームをプラスするメディア

幻の『スターフォックス2』からもアイディアを採用してた『スターフォックス64 3D』社長が訊く

任天堂 3DS

スターフォックス64
  • スターフォックス64
  • スターフォックス64 3D
任天堂ホームページに『スターフォックス64 3D』の社長が訊くが掲載されました。

『スターフォックス』は、任天堂を代表する3Dシューティングゲーム。『スターフォックス64』はシリーズ第2弾となります。イギリス生まれの天才プログラマー、ディラン・カスバート(現キュー・ゲームス代表)がSFC版『スターフォックス』制作時に応援プログラマーとして参加。今回の3DS版ではディレクターを担当しています。

インタビューの前半はスーパーファミコンのスーパーFXチップなどの話から入ります。元々スーパーファミコンは、キャラクターを任意の位置に高速で表示できるスプライト機能などが強みのハードで、ポリゴンを動かすのには向いてなく、飛行機が1個程度しか表現できなかったそうです。



スーパーファミコンのポリゴンと言えば、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』のオープニング時にトライフォースが回転して△になりますが、この時にポリゴンが初めて使われましたが、これが当時精一杯だったのでしょう。
(※動画はGBA版)

そこでスーパーFXチップを開発することになり、その第1弾が『スターフォックス』になります。宮本氏は「いちばん簡単だから」という理由で決定。『スターフォックス』シリーズお馴染みの機体「アーウィン」の名前は「A型ウイングだから」という理由で名づけたと語っています。

また、主人公がなぜキツネなのかはファンの方はご存知だと思いますが、伏見稲荷大社のキツネからきています。また、地元の少年野球チームが「稲荷フォックス」だったこともあり、かっこいいと言う印象からキツネではなくフォックスと命名。また、3人の仲間やペパー将軍、アンドルフなどについても明かされています。

そして続編『スターフォックス2』が開発されることになりましたが、FXチップ2の開発に時間が掛かり、さらにニンテンドウ64の発売が迫ってきます。結果、開発中止して『スターフォックス64』にシフトしていきます。オールレンジモードは『スターフォックス2』のアイディアであったことが語られています。

最後はニンテンドー3DS版の新要素ジャイロセンサーを搭載した理由などについて語られています。ぜひチェックしてみてください。

『スターフォックス64 3D』は、7月14日に発売予定で価格は4800円(税込)です。

(C)1997-2011 Nintendo
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

    「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

  2. ニンテンドースイッチ左ジョイコン認識問題、今後改善へ―任天堂が海外声明

    ニンテンドースイッチ左ジョイコン認識問題、今後改善へ―任天堂が海外声明

  3. ニンテンドースイッチがゲームキューブ風に!海外クリエイターが懐かしのカスタマイズに挑戦

    ニンテンドースイッチがゲームキューブ風に!海外クリエイターが懐かしのカスタマイズに挑戦

  4. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  5. スイッチ新タイトル『アケアカNEOGEO ビッグトーナメントゴルフ』配信開始、PS4&Xbox Oneでも『アケアカNEOGEO』新作が登場

  6. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  7. 米任天堂、「ツリーハウス」で『スプラトゥーン2』先行試射会の公式生放送を実施

  8. 『モンハン ダブルクロス』見た目と性能を組み合わせる「防具合成」や装備を鍛え上げる「限界突破」など新要素に迫る

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 『スプラトゥーン2』先行試射会で使えるブキ4種を発表、ローラーやマニューバーなど─操作方法に関する変更も

アクセスランキングをもっと見る