人生にゲームをプラスするメディア

ゲームボーイのバーチャルコンソール、当時の雰囲気で遊ぶ方法

任天堂 3DS

ゲームボーイのバーチャルコンソール、当時の雰囲気で遊ぶ方法
  • ゲームボーイのバーチャルコンソール、当時の雰囲気で遊ぶ方法
  • ゲームボーイのバーチャルコンソール、当時の雰囲気で遊ぶ方法
ニンテンドー3DSでゲームボーイソフトが遊べるようになって早1週間、今回はちょっとしたテクニックをご紹介します。

ご存じの方は多いと思いますが、ゲームボーイの液晶画面はモノクロというよりは、黄緑色のような画面でした。動きの速いアクションゲームでは残像も目立ち、遊びにくかったゲームも少なくはありません。

ゲームボーイのバーチャルコンソールでは、ゲームボーイポケットのようにくっきりしたモノクロ画面でゲームを楽しむことが出来ます。これはデフォルト設定ですが、隠しコマンドを入力することで、本物のゲームボーイの様な画面を再現することが出来ます。

■ゲームボーイの画素数にする
ゲームを始める時にアイコンをタッチしてゲームを始める際、スタートかセレクトを押しながら起動すると、ゲームボーイと同じ画素数で画面が表示されます。元に戻すにはいったんゲームを終了し、スタートかセレクトを押さないで起動すればデフォルト起動になります。

■ゲームボーイ風の画面色にする
ゲームプレイ中、L+Rボタンを同時押ししながらYボタンで切り替えることが出来ます。

また、ゲームボーイのバーチャルコンソールは、Wiiで遊ぶファミコンなどのようにホームボタンでHOMEメニューに戻る際に自動で中断セーブが行われます。
(※ゲームを再開すると自動削除)

他には「まるごとバックアップ機能」も搭載。これはゲームの進行状況をそのまま保存するというもので、当時はセーブ機能が無いゲームや、パスワード方式のゲームが多かったので、これを使うことで手軽にゲームボーイのゲームを楽しむことが出来ます。保存できるセーブ数は1個。セーブされている状態でセーブすると上書きされていまうので注意が必要です。

ニンテンドー3DSで懐かしのゲームボーイを遊ぶ際、このような機能を使うことで思っている以上に快適になっています。ぜひ遊んでみてください。
《まさと》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  3. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

    『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  4. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  5. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  6. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  7. 【Wii U DL販売ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』、『マリオテニス64』などのVCが初登場ランクイン(7/25)

  8. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  9. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  10. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

アクセスランキングをもっと見る

page top