人生にゲームをプラスするメディア

現行機で遊べる「高橋名人」のゲームをまとめてみました

その他 全般

高橋名人の冒険島Wii
  • 高橋名人の冒険島Wii
  • 高橋名人の冒険島Wii
  • 高橋名人の冒険島Wii
  • 高橋名人の冒険島Wii
  • 高橋名人の冒険島Wii
  • 高橋名人の冒険島Wii
  • 高橋名人の冒険島Wii
  • 高橋名人の冒険島Wii
昨日で52歳の誕生日を迎えた高橋名人、2011年5月でハドソンを退社することが話題となりました。

残念な気持ちも多いかと思いますが、今はとにかく26年間お疲れ様でしたと、敬意を表したいですね。ファミコン世代の方は分かると思いますが、子供の頃は本当に16連射に憧れたものです。



今回は、現行ゲーム機ですぐ遊べる高橋名人が登場するゲームをまとめてみました。

■Wiiウェア(Wii)
・『高橋名人の冒険島Wii』(1000Wiiポイント)



現時点では『高橋名人の冒険島Wii』がシリーズ最新作です。従来のゲーム内容をベースに、Wiiならではの新しい要素を追加。ダウンロードソフトとして配信されました。マリオは『New スーパーマリオブラザーズ』、ソニックは『ソニック・ザ・ヘッジホッグ4 エピソード1』、マリオもソニックも原点回帰をしつつも現代風になった新作が発売されています。『高橋名人の冒険島Wii』も同じように、現代風に復活を果たしています。



百閒は一見にしかずと言いますから、プロモーション映像を見ていただければと思います。

■DSiウェア(DSi/DSi LL/3DS)
・『あぁあの懐かしのシュウォッチ』(200DSiポイント)



こちらは『高橋名人の冒険島』シリーズではありませんが、連射測定器「シュウォッチ」のデジタル版ということでここでも取り上げてみました。



「シュウォッチ」は復刻版も発売されたことがありますが、DSiウェア版は200ポイントで楽しめます。iPhone版もありますが、ボタンを押して連打を測定できるのはDSiウェア版だけです。3DSでダウンロードして遊んでもいいかもしれませんね。DSi/DSi LLでダウンロードしたい方は、検索であ行を選択すると、一番最初に表示されると思います。

■バーチャルコンソール(Wii)
・ファミコン『高橋名人の冒険島』(500Wiiポイント)
・ファミコン『高橋名人の冒険島II』(500Wiiポイント)
・PCエンジン『高橋名人の新冒険島』(600Wiiポイント)

バーチャルコンソールで遊べる名人のゲームは3本。いずれも当時そのまま遊べるのと、お手頃価格なのがウリです。

ちなみに、ファミコン最後に発売されたソフトは『高橋名人の冒険島IV』です。バーチャルコンソールでは『高橋名人の冒険島II』まで配信。

■PCエンジンゲームアーカイブス(PS3/Xbox360)
・『高橋名人の新冒険島』(600円)

こちらはPS3とPSPでPCエンジンのゲームが遊べるPCエンジンアーカイブスの1タイトルとして『高橋名人の新冒険島』が配信されています。

※現在、PlayStation Networkがサービス停止中の為、ダウンロードすることが出来ません。

他にもケータイアプリ版などが存在しますが、割愛します。


高橋名人の退社に伴い、公式ブログ「16連射のつぶやき」が5月31日で閉鎖となります。ブログでは退社後について、現時点では詳しいことは言えないといいつつ「自分で起業するわけでもありませんし、他社メーカーに行くわけでもありませんので・・・」と、コメントしています。

また、高橋名人はmixiで日記を毎日公開しています。こちらは個人アカウントということで、そのまま続けていくそうです。現在は退社の日まで、過去の思い出を語っていくそうですので、ファンの方はお見逃しなく。マイミクでない方はこの機会にぜひ申請してみてください。

高橋名人の退社は本当に残念でなりませんが、今後の活躍に期待しましょう。

(C)HUDSON SOFT
《まさと》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. FC『パックマン』カセットにそっくりなモバイル充電器が登場、パッケージ・価格も本格再現!

    FC『パックマン』カセットにそっくりなモバイル充電器が登場、パッケージ・価格も本格再現!

  2. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』最新アプデ情報が公開、『スーパーマリオラン』無料で遊べる範囲が増加、『Bloodstained』Wii U版がキャンセル―スイッチへと開発移行…など(3/22)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』最新アプデ情報が公開、『スーパーマリオラン』無料で遊べる範囲が増加、『Bloodstained』Wii U版がキャンセル―スイッチへと開発移行…など(3/22)

  3. 『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

    『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

  4. 「けものフレンズ」最終回に備える、一挙振り返り放送を実施─ニコニコ生放送にて3月25日に

  5. 「すーぱーそに子 10th Anniversary Book」発売を記念するイラスト展を開催! 高精細出力の複製イラスト30点を掲示

  6. 【特集】『新生活にオススメのスマホゲーム』3選―注目の通信プランも紹介!

  7. 「ガルパン劇場版」秋山殿が制服Verでfigmaに!敬礼が似合う「ドヤ顔」やあの「信号ラッパ」も

  8. 「このすば」2期最終回にてゲーム化が明らかに!タイトルは『この素晴らしい世界に祝福を! -この欲深いゲームに審判を!-』

  9. アトラス、今年発売する新作タイトルに迫る特別番組を実施! 3DSソフト『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』など登場

  10. 『聖剣伝説3』がスイッチで発売か―スクエニが公式ツイート

アクセスランキングをもっと見る