人生にゲームをプラスするメディア

Xoreax社XGEグリッド・コンピューティング・ソリューションがアンリアル・エンジン3にインテグレート完了、ビルドプロセスを大幅に高速化・・・「Unreal Japan News」第21回

ゲームビジネス 開発

XoreaxとEpic Gamesは、Xoreax製のXGEグリッド・コンピューティング・ソリューションがアンリアル・エンジン3に完全インテグレートされたと発表しました。Xoreax Grid Engine(XGE)ソリューションをUE3と同時に利用することで、開発者は各プラットフォーム向けのローカルコンピレーションを高速化し、且つマルチプラットフォーム向けビルドプロセスを並行化することが出来るようになり、UE3のマルチプラットフォーム対応を最大限に活用することが可能となります。

「優れたゲームをより短期間かつ予算内で市場に送り届けるために、開発とソフトウェアエンジニアリングのプロセスをスピードアップしなければならないというニーズは、開発者に常につきまとう問題です」とEpic Gamesのプレジデント、Dr. Michael Cappsは話します。「XGEがアンリアル・エンジン3にインテグレートされたことで、開発者はビルドプロセスを高速化し、テストのスピードを上げることが出来ます。これによって、従来ビルドがコンパイルされるまでただ待たされていた時間を、実際の開発に割り振ることが可能となるのです。繰り返しの時間とコードの検証プロセスを改善することで、開発チームが負わなければならない人的・資金的負担が軽減されます」

アンリアル・エンジン3には200万行を超えるコードが含まれており、PCやコンソール、モバイルといった対応する複数のプラットフォーム向けにコンパイルすることが出来ます。UE3にインテグレートされたXGEの技術を利用することで、開発者はコードビルド、データビルド、シミュレーション、QAスクリプト、カスタムプロセスといったソフトウェア・エンジニアリング・タスクのスピードアップを実現できます。

「世界中にとてもたくさんのUE3利用者がいることを考えれば、XGEをインテグレートすることで、全体としては何万『人年』 ~人日や人月ではなく~という単位での合理化が可能になるでしょう」とXoreaxのCEO、Uri Misholは話します。「我々の技術を活用することで、UE3の利用者がどれくらいの時間をセーブできるか、とても楽しみです」

XGEを利用しているUE3のライセンシーは、PC上で全てのプラットフォーム向けにコンパイルを行う際、UE3のビルドシステムであるUnrealBuildTool(UBT)から直接グリッド・テクノロジーにアクセスすることが出来ます。開発者はUBT上でディペンデンシー・グラフを作成し、ビルドをコンパイルするのに必要なコマンドラインを持ったXGEのコントロールファイルを作成することで作業を始めることが出来ます。ここからXGEが作業を引き継ぎ、XMLファイルを使ってネットワークシステム経由のコンパイリングをディストリビュートします。

EpicのUBTはインテリジェント・ソースマージング技術も実装しており、エンジンのフル・リビルドを行う際ビルドに必要な時間を大幅に短縮できます。
IncrediBuildの活用に関するEpicのケーススタディは、下記のリンクからご覧になれます。
http://xoreax.com/case_study_epic_unreal.htm


Coffee Stain Studios、アンリアル・エンジン3の5年間独占契約締結を発表
FPSとタワーディフェンスアクションをミックスさせた”Sanctum”のディベロッパー、Coffee Stain Studiosは、現在開発中のタイトルと今後のプロジェクト用に、Epic Gamesとの間でアンリアル・エンジン3の長期契約を締結したと発表しました。

元々は「アンリアル・トーナメント3」のゲームMODツールセットを利用して制作された”Sanctum”は、Epic Gamesが主催したゲーム制作コンテスト”$1Million Intel Make Something Unreal”で複数の賞を獲得しました。UE3の無料版であるUDKが発表されると、Coffee Stain Studioはこれを利用して”Sanctum”を“アンリアル・トーナメント3の人気MOD”から“完全に独立したゲーム”へと発展させました。

商業ライセンス版のUE3へと移行するにあたり、Coffee Stain Studiosでは”Sanctum”にさらに凝ったゲームプレイと激しい戦闘要素を追加しました。”Sanctum”はSteam上で3月24日からベータリリースが始まり、4月15日にフルリリースされています。

「我々は”Sanctum”が最初に公開された頃から、この才能あふれるチームに注目していました。これまでの”Make Something Unreal”コンテスト勝者と同様、Coffee Stain Studiosがゲーム制作にかける情熱をビジネスへとうまく発展させられたのを見て、とても嬉しく思っています」とEpic Gamesのヴァイス・プレジデント Mark Reinは話します。「今後も我々Epic Gamesは、彼らに最高のツールと技術を提供し続けます」

「”Sanctum”を“アンリアル・トーナメント3”MODからUE3のフルソースバージョンへ発展させるのは、我々にとってとても自然な流れでしたし、Epicは常に様々な面で支援してくれました」とCoffee Stain StudiosのCo-Founder兼CEO、Anton Westberghは話します。「UE3を利用することで、ゲーム開発のどの部分でも最高のツールとサポートの恩恵を受けながらシームレスに作業できます。そのメリットは競合他社とは比べ物になりません」

“Sanctum”についてもっと詳しくご覧になりたい方は、http://www.indiedb.com/games/sanctumを御覧ください。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  2. 【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

    【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

  3. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

    『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  4. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  5. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  6. 【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

  7. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

  8. 【インタビュー】『スペースチャンネル5』開発者が語る、VRで復活までの道のり&今だから言える裏話

  9. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  10. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top