人生にゲームをプラスするメディア

中国UltiZen、レッド・エンタテインメントを買収

ゲームビジネス 開発

レッド・エンタテインメント
  • レッド・エンタテインメント
中国・上海に拠点を置くUltiZen Gamesとレッド・エンタテインメント(RED)は、資本・業務提携すると発表しました。

UltiZenは中国で会員数513万人の「365UB」というプラットフォームを運営し、ウェブゲーム、ソーシャルゲーム、スマートフォンアプリなどの多彩なコンテンツを提供している一方、REDはアニメ、コミック、ゲームなどを展開しています。提携では、REDのプロデュース力とUltiZenの会員基盤と開発力を融合させ、世界に対して魅力的なコンテンツを提供し収益の最大化を目指すものです。

UltiZenはREDの発行済株式の100%を取得し完全子会社化。世界初の「Produce in Japan ,Made in China」として展開を進めていくとしています。

レッド・エンタテインメントはクリエイターの広井王子氏によって設立されたゲーム会社で、「天外魔境」シリーズなどで知られます。

Ultizenについて

1.会社名         UltiZen Games Limited
             (http://www.ultizen.com/index.asp?langs=4)
2.主な事業内容   ・ブラウザゲーム、ソーシャルアプリ開発
             ・オンラインゲーム中国国内運営
             ・グラフィックス受託開発
             ・スマートフォン向けゲーム開発および配信、運用
3.設立          2005年1月
4.本社所在地       3F, building 4, 879 Zhong Jiang Road 200333 Shanghai
China
5.代表者(CEO)     蘭海文(Lan Haiwen)
6.従業員数        400名(2010年8月現在)
7.沿革          次の通りとなります。
2005年1月  :UltiZen Games Limited 上海にて創業
2007年9月 : 北京のモバイルコンテンツ開発・配信会社Mo-Starを買収
2008年12月 : 米「Red Herring Global Winner Top100」を受賞
2009年5月 :ブラウザゲーム「ブラウザ封神演義」を中国国内自社サービス開始
2010年1月 :「ブラウザ封神演義」が「2009年度中国民族遊戯海外開拓賞」と
           17173.com「2009年中国十佳網頁遊戯」を受賞
2010年4月 :「ブラウザ封神演義」をGamePot社より日本にてサービス開始
2010年4月 :日本オンラインゲーム協会(JOGA)入会
2010年6月 :iPhoneアプリ「Princess Fury」を配信
2010年6月 :自社ポータルサイ卜365UB」一般公開開始
2010年10月 :iPhoneアプリ「エイリアンパニック」「隣りのゾンビさん」を配信
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

    【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  2. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  3. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

    【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  4. アクレイムが復活?

  5. 「これは私の人生そのもの」―元マフィアの娘が『GTA V』を提訴、4000万ドルの賠償金を求める

  6. マジコンの販売に刑事罰を設ける法改正へ・・・年内施行を目指す

  7. ネクソンが小中学生向けの「夏休みネクソン1日社員体験」を実施―子供達がゲームプログラミングに挑戦

  8. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  9. 【レポート】インドネシアのデベロッパーが手がけるVRホラー『DreadEye』をプレイ

  10. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

アクセスランキングをもっと見る

page top