人生にゲームをプラスするメディア

中国UltiZen、レッド・エンタテインメントを買収

ゲームビジネス 開発

レッド・エンタテインメント
  • レッド・エンタテインメント
中国・上海に拠点を置くUltiZen Gamesとレッド・エンタテインメント(RED)は、資本・業務提携すると発表しました。

UltiZenは中国で会員数513万人の「365UB」というプラットフォームを運営し、ウェブゲーム、ソーシャルゲーム、スマートフォンアプリなどの多彩なコンテンツを提供している一方、REDはアニメ、コミック、ゲームなどを展開しています。提携では、REDのプロデュース力とUltiZenの会員基盤と開発力を融合させ、世界に対して魅力的なコンテンツを提供し収益の最大化を目指すものです。

UltiZenはREDの発行済株式の100%を取得し完全子会社化。世界初の「Produce in Japan ,Made in China」として展開を進めていくとしています。

レッド・エンタテインメントはクリエイターの広井王子氏によって設立されたゲーム会社で、「天外魔境」シリーズなどで知られます。

Ultizenについて

1.会社名         UltiZen Games Limited
             (http://www.ultizen.com/index.asp?langs=4)
2.主な事業内容   ・ブラウザゲーム、ソーシャルアプリ開発
             ・オンラインゲーム中国国内運営
             ・グラフィックス受託開発
             ・スマートフォン向けゲーム開発および配信、運用
3.設立          2005年1月
4.本社所在地       3F, building 4, 879 Zhong Jiang Road 200333 Shanghai
China
5.代表者(CEO)     蘭海文(Lan Haiwen)
6.従業員数        400名(2010年8月現在)
7.沿革          次の通りとなります。
2005年1月  :UltiZen Games Limited 上海にて創業
2007年9月 : 北京のモバイルコンテンツ開発・配信会社Mo-Starを買収
2008年12月 : 米「Red Herring Global Winner Top100」を受賞
2009年5月 :ブラウザゲーム「ブラウザ封神演義」を中国国内自社サービス開始
2010年1月 :「ブラウザ封神演義」が「2009年度中国民族遊戯海外開拓賞」と
           17173.com「2009年中国十佳網頁遊戯」を受賞
2010年4月 :「ブラウザ封神演義」をGamePot社より日本にてサービス開始
2010年4月 :日本オンラインゲーム協会(JOGA)入会
2010年6月 :iPhoneアプリ「Princess Fury」を配信
2010年6月 :自社ポータルサイ卜365UB」一般公開開始
2010年10月 :iPhoneアプリ「エイリアンパニック」「隣りのゾンビさん」を配信
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ゲームの上手さで内定」日本初“ゲーム技能”を選考に加えた社員採用活動「いちゲー採用」が実施

    「ゲームの上手さで内定」日本初“ゲーム技能”を選考に加えた社員採用活動「いちゲー採用」が実施

  2. 脳と感覚を極限まで刺激する「VR“DEAD”THEATER」発表―超実体験型360°VRホラームービー!

    脳と感覚を極限まで刺激する「VR“DEAD”THEATER」発表―超実体験型360°VRホラームービー!

  3. カプコン、TGS2016のイベント情報第2弾を公開―恒例のゾンビシューティングレンジも!

    カプコン、TGS2016のイベント情報第2弾を公開―恒例のゾンビシューティングレンジも!

  4. 第3回「DMM GAMES カンファレンス 2016」開催、前年度実績や今期戦略が明らかに

  5. 日本のモバイルゲーム、上位10ゲームだけで市場収益50%占める

  6. 2016年英国ゲームセールスの58%は「デジタル販売」、初のディスク凌駕に

  7. 『ポケモンGO』全世界売上高は推定2億ドル―米調査会社が報告

  8. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  9. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  10. 新型PS4とVRを軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート

アクセスランキングをもっと見る