人生にゲームをプラスするメディア

RPGには無限の可能性がある!イメージエポック御影社長&宇田プロデューサーインタビュー 前編

ゲームビジネス その他

最後の約束の物語
  • 最後の約束の物語
  • 最後の約束の物語
  • ブラック★ロックシューター THE GAME
  • 最後の約束の物語
  • ブラック★ロックシューター THE GAME
  • RPGには無限の可能性がある!イメージエポック御影社長&宇田プロデューサーインタビュー 前編
  • RPGには無限の可能性がある!イメージエポック御影社長&宇田プロデューサーインタビュー 前編
  • 最後の約束の物語
「JRPGセカンドステージ」を掲げてパブリッシャ宣言を行ったイメージエポック。発表会の模様に業界は文字通り「震撼」しました。RPGの開発に特化して業績を拡大させてきた同社の今後の戦略と、RPG作りに関する熱い思いを伺いました。

御影良衛:イメージエポック代表取締役。
宇田洋輔:開発プロデュース・広報担当。「最後の約束の物語」プロデューサー。

御影氏宇田氏



■毎日数時間、ブログやtwitterをチェックしています


―――先日の発表会はお疲れ様でした。会社設立から5年、ふりかえっていかがですか?

御影:ようやく2回目のチャンスが来たという感じですね。最初のチャンスは『ルミナスアーク】でした。もともとグラフィックに強い会社として独立。そこから徐々に成長していき、初めて自分たちでゲームを企画して、丸々一本受注できたタイトルだったので。以後も同じスタイルで受注開発を継続。ようやく先日のパブリッシャ宣言に至りました。

―――業界で大きな反響を呼びましたね。

御影:ありがとうございます。パブリッシャとして、新しいステージに立てました。発表会では「JRPGセカンドステージ」というキーワードを使いましたが、僕らにとってもセカンドチャンス。身が引き締まる思いですし、それだけの会社に育てなければならないという責任感がありますね。

―――ずっとオリジナルにこだわられていますね。

御影:弊社のスタッフがみんな、オリジナルを作りたがるんですよね。もちろん続編モノのラインもありますし、もう少ししたら発表できるとは思います。とはいえイメージエポックの良さは、オリジナルタイトルが作れるところ。パブリッシャ宣言をした時点で、当然弊社のオリジナルRPGを出すことが使命ですからね。その中で、15万本くらいヒットしたタイトルについては、会社としてもセカンドラインを作っていきます。もっとも年間で1本もオリジナルタイトルが発売されなかったり、社内の人間がオリジナル開発にかかわれない会社には、絶対しません。そうした事態に陥ると、会社はゆるやかに死滅していきますし、そうなったら最後かなと思っています。

―――企画コンペなどはありますか?

御影:まだやってないですね。企画原案を作るスタッフは、ごく少数です。企画を出してくる子はいっぱいいますが、まだ開発までに至る力はないと思っています。オリジナル重視といっても、誰でも作れるわけではない。きちんとユーザーさんの言葉を拾ったり、スタッフのスキルを把握したり、そうした地道な努力も重要なんですよね。アイディアをぽんぽん言うだけのアイディアマンでは、残念ながら作れないんですよ。逆に社内コンペが盛り上がって、みんながオリジナルタイトルを作れる力量まで成長したら、すごい事態になると思います。ぜひそういう会社になりたいですね。

―――ユーザーの声をどうやって拾うのですか?

御影:自分は個人ブログをアホみたいに読むんですよ。最近twitterも始めまして、よくコメントも書いています。ブログのチェックは『ルミナスアーク】を発売した頃から、日課として続けています。当時はイメージエポックが作ったゲーム=クソゲーみたいに書かれることもありましたが、それも含めて全部読みました。何が悪かったのか、どうしたらおもしろくなるのか、がんばって把握したかった。こうしたブロガーさんに、イメージエポックのゲームは面白くなったという記事を書いてもらえるようになることが、大きなモチベーションになったんです。どんなコメントだったとしても僕にとっての、大事な最初のお客様だったんですよ。発表会でブロガーさんを招待させていただいたのも、そうした気持ちからです。

―――何時間くらいチェックされますか?

御影:毎日2~3時間は見ていますね。大体仕事終わりで午前2時~3時くらいに帰宅して、そこから朝の4~5時くらいまで、イメージエポックについて書かれているブログや、twitterのツイートなどを、すべてチェックしています。そこからコメントを書いて、今日も一日ありがとうございましたって、床に入ります。おかげで毎日寝不足です。よく批判ばかりだから、ネットの書き込みは見ないという声も聞きますが、それって自分の子供に対する批評に耳をふさぐようで、ちょっと違うんじゃないか。だって『ルミナスアーク】までは、何を作っても、会社に対する反応はなかったんですよ。だから中傷であっても嬉しいんです。反応がなくなるって事は知られていない、興味が無いということになるのでそうなると制作会社としては本当に怖い事態です。もうコメント書く事すらめんどくさいやみたいな状態ですね。

―――宇田さんもチェックされますか?

宇田:正直、御影ほどではないですね。以前はブロガーさんと、かなり密なコミュニケーションをとっていましたが、ゲームをプロデュースするようになって、御影ほど度胸がなくなりました。作っている間は見ないでおこうかな、なんて気持ちは正直あります。個人的にtwitterはやっていますし、返信などもしていますが、あまり自分を前面に押し出して、ポストするようなタイプでもないんです…。実際、幸運なことにチームのメンバーがみんな優秀なので、彼らが動きやすい環境を整えることが、僕の仕事だと思っています。なのでネットコミュニティ系は、以前より獲得する情報量が落ちていますね。


■2014年までは国内向け、2015年から真のセカンドステージです

《小野憲史》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  4. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  5. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  6. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  7. ゲーム業界で過去に例をみない4社合同新人研修とは?

  8. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  9. 『クラッシュ・オブ・クラン』のスーパーセル、1日の売上が5億円、ユーザーは1940万人・・・ハッキングされ暴露

  10. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

アクセスランキングをもっと見る